ファイナル日記

べっどたうん高橋、その生の記録。

半日以上寝てる。
今も部屋を暗くして布団に潜り込んだ。
何もできないし鬱々としている。


昨日も同じような感じだったけど、暗くなってから図書館に行った。
image

帰宅して、風呂に入ったら爽やかな気持ちになれた。
頭の中も晴れ、鬱々とした気持ちは消えていた。


今日も同じ行動をすれば良いのにそれができない。

何も楽しめず、寝てばかりの人生になんの意味があるのか?
し、しにたい…とリアルに言うと周りも「またか、やれやれ…」となるので、そうだブログに書けば良いんだ(^^)と思った。

しにたいと言いつつ機材を買った。
コーラを飲んだ。
歩きに行かないと…でもただ歩くのってしんどいじゃないか。
なんで毎日歩かなきゃいけないんだ。

そんな感じです。

non-noを買った
image


ファイアーエムブレムヒーローズ(スマホゲー)をやってる

ねこあつめ(スマホゲー)をやってる

部屋にあるCDや本やガラクタを四分の一くらい処分したけどあまり変わらない
ギターをぶんぶん振り回せるくらいのスペースがほしい

ずっと寝てたころに比べて、体重が落ちてきてる
いい感じだ
明日は図書館に本を返しに行こう

猫を飼ってみたい
道を歩きながら無意識に猫を探している

今日はnon-noで猫を釣ってみたが、ついてこなかった

12/31

昼間に起きたら弟がすでに酔っ払っていたので自分もビールを飲んだ。
年末ジャンボ宝くじで夢を見た。

その後パソコンに向かい、自分が今買うべきゲームを探した。 
来年はしっかりとPCゲームに取り組もうと思う。
今年はゲームもロクにできなかったから。

夕方になると少し頭が痛くなってきた。
外に出る準備(ジャージを履く)をすませ、ドアを開けた。
豪華そうな寿司の桶を持ったお兄ちゃんとすれ違い、「こんにちは」と挨拶を交わした。
ピンクの風呂敷に包まれた豪華そうなお寿司の桶……格差を感じて切なくなってしまった。

空はまだ明るかった。
公衆トイレから出ると黒い猫がいた。
ちょっかいをかけてやるために手を差し出したが、野良猫はばっちいと思ったのでやめた。

スーパーで酒やお菓子を買った。
シュークリームや草餅?みたいなやつも買った。
2000円しか持ってなかったのでたくさん買うことはできなかった。
レジでお金が足りないんじゃないかとドキドキした。

買い物カゴを戻す際、入店してきたおじいさんと鉢合わせした。
カゴごと避けてレイアップシュートのように斜めからカゴをカゴ置き場にダンクして決めてやろうとしたのだが、その時なんとおじいさんは僕の持っているカゴをディフェンスよろしく掴んだのだった。

「どうぞ」と笑顔で手渡すとおじいさんも笑顔で答えてくれた。
笑顔で目を合わす僕とおじいさん……。
theおじいさんと言いたいくらいの良いおじいさんだった。
今年最後の人との触れ合いだった。

笑顔のまま、とても暖かな気持ちで外に出ると街は暗くなり始めていた。
月は細く鋭かった。
遠くに富士山のシルエットを見ながら、しかし今年はとんでもない年だったな、と振り返った。

本当に困った年だったな。なんであんなに寝たきり状態になってしまったんだろう?

今さらそんなことを考えてもどうしようもないけど、これを教訓にしないといけない。
こんな年もあるのだ。

来年はがんばらないといけないな。
せめてゲームを楽しくプレイできる日々を過ごしたいものだ。
IMG_20161219_201138

image

image

夜によく散歩をする。

80年代〜90年代の音楽を聴きながら歩くと、その時代にタイムスリップできる。

タワーマンションが見えたりするとバブル感が出て良い。

生きることは大変だけどなんとかこなしていくしかない。

そうでなきゃ死ぬしかないからだ。

やけくそでこなしていくしかないぞ。

逃げたり耐えたり休んだり、時には頑張ったりしてやっていくしかないぞ。

生は死で、死は生だ。

ニートは社会人で、社会人はニートだ。

今が楽しい人も、明日駅のホームから落ちるかもしれないぞ。

痩せてる人も、来年は太ってるかもしれないぞ。

なぜ僕は10キロも太ったんだ?

なぜなんだ?

夜に歩くのは。

昼過ぎに起きた。
自然に任せているとどうしても昼過ぎまで寝てしまう。

空は真っ青に晴れていた。
コーヒーとホットドッグを食べた。

うーん、と唸っても気分は上がらない。
太陽の光を浴びようと思って、ベランダに出た。

昨日の雪はほとんど溶けていた。
枯れた芝生に少しだけ残っていた白い部分と、雲一つない空が正月っぽかった。

光を背中で浴びながら読書をした。
それは憂鬱な日記だったのでこちらもますます憂鬱になってしまった。
気分が落ち込んでいる時に、暗い話を読むとだめなのかな?
部屋に戻って、コーヒーを飲んだ。

小説を読みたいので図書館に行こう、と思ったけど、外に出れない。
携帯でゲームをしてるだけで、時間は過ぎていく。
あと三十分経っても出れなかったら諦めよう、と思って自分を待ったけど軽くその三十分は過ぎついに外には出られず風呂を沸かして入った。

風呂から上がったら少し気分は晴れた。

肉を食べてビールを飲んだ。
家族と話?をした。
弟が、最近復活すると言うあるバンドの話をしていた。
その中で、「アーティストはいくら鬱でも作品を作っていかなきゃなあ?よぉアニキもそう思うよなぁ?よぉ」的な感じで肩を組まれた。

バイオレンスな展開となり、ダメージを喰らったのでやり返そうと腹にパンチしたら防御されてこっちの指が折れた。
折れた気がした。

今は湿布を貼っている。

でもまあ、弟の言うこともまあ、そうだよなあ…俺はアーティストではないけど、そうだよなあ…と思った。

ドラマを見ながら紅茶を淹れた。
きれいな紫色だった。
Berryと書いてあったのでベリー系なのだろう。
酸っぱかった。

大麻を持って集落で集団生活をしていた人たちが逮捕されたと言うニュースをさっき見た。
22人も逮捕されたという。

それに比べれば自分の生活はまとも…と自分を慰める。
image

雪が降った。
朝起きて、カーテンを開けて、落ちる雪を確認してまた寝た。

昼過ぎに起きてネットやスマホゲームをして過ごした。
パン食べた。

ここ最近…一ヶ月か、二ヶ月か、ずっと気分が落ち込んでいて、何もかも憂鬱だった。
寝たきりで過ごした日が多かった。
本とテレビを見るだけだった。
やりたいことができないのが辛かった。

まだその辛さは消えないけど、徐々によくなってきたかもしれない。
昨日はマックに行けた。
一人で行ったのは久しぶりだった。
アップルパイとコーヒーを注文した。

スーパーのレジも辛かったけど、まあまあ平気になってきた気がする。

だけどなんか違う。
この辛さはずっと消えないものなんじゃないかって気がする。
他の人の精神とは形が違う気がする。
それは絶望だ。

でも休めばそんなこと思わなくなるかもしれない。
そうなればいい。

なんか辛い。
なんだ?

↑このページのトップヘ