ファイナル日記

べっどたうん高橋、その生の記録。

2011年02月

コーヒー飲みすぎた。
朝からテンションが上がらなかったので、気分転換に風呂に入った。
上がったら眠くなったので、昼寝をしようと横になった。

起きたら6時になっていた。
昆虫キッズと言うバンドのライブに行こうと思っていたけど、一人でライブハウスなんて行けなかった。
音楽は聴きたかった。
そのせめぎ合いだった。
なにより6時だった。
ネットを見ることにした。


目標を決めよう。
目標がないからぐだぐだしてしまうのではないか。

今年は曲を30曲ぐらい仕上げよう。
たぶん無理だけど、目標は大きい方がいい。
目標だ目標。
みなさんもでかい目標を持ってみませんか。

眠れないので金曜日の事を書きます。


ふと新宿から秋葉原まで歩いて行きたくなりました。

幾千の友人の中から一人を選び出し、一緒に行ってもらいました。

風が強い日でした。
天気の良い春のような日でした。

適当に「こっちの方だろ」と歩いて行くと、明治神宮に着きました。

さらに青山、赤坂と、適当に歩を進めました。
とても都会で、自分は今日本の中心にいるのだな、と感心しました。

最高裁判所が異質なオーラを放っていました。

皇居の周りの掘がデカすぎて驚きました。
皇居の周りはなかなか良い散歩道になっています。

この辺りでそろそろ日が傾いて来ました。

皇居の周りを歩きまくり、毎日新聞社の下を通り、大きな道路に沿って歩きました。

だんだんとお店が増え、雑多な雰囲気になります。

とある大学の前のベンチで休憩しました。
とてもオシャレなビルで驚きました。
東京ミッドタウンかと思いました。

辺りが暗くなる頃、やっと御茶ノ水に着きました。
楽器屋がたくさんありました。
今度ゆっくり見に行きたいです。

ここまで来れば秋葉原は目と鼻の先、今日のゴールです。


車のライトや、ビルのネオンに包まれ、ついに僕たちは秋葉原の中心にたどり着きました。

しかし何もする事はないので、秋葉原の中心にあるマックに入り、休憩をとりました。
ビッグマックを食べました。

そして解散しました。



とても有意義で楽しい散歩でした。
一人じゃなかったのも大きかったです。
もし一人だったら新宿をウロウロしてそのまま帰ってました。

散歩は運動になるし、気分も晴れます。

散歩って良いものですよ。
さあ、皆さんも散歩に出かけませんか?

今日も時を垂れ流した…

ネットを見て、読書をし、ちょっと曲を作り、アニメを見て、ネットを見た。

みつどもえと言う面白アニメを見てるけど、けいおんのほわ~っとした雰囲気に慣れたせいか、刺激が強かった。
不思議。

明日は新宿から秋葉原まで何故かウォーキングしてくる。
健康になりたいんや……。
付き合ってくれる人がいたので良かった。

熱い日になりそう。

久しぶりに布団を干したから気持ち良い。

曲作りをちょっと進めた。
でも考えてみたら、一日一時間しか曲作りに使ってない。

少ない。

もっと時間を増やしたほうが良いな。
実りある事は曲作りくらいしかないから…。

多少無理矢理やってたほうが調子も安定する。

ペダルを漕がないと自転車は倒れてしまう。

でも僕は自転車じゃない!

43bf6f28.jpg少しの仕事と、散歩のため外に出た。

図書館行って、小林泰三と舞城王太郎、あとなんかSFぽい小説を借りた。
小林泰三て人は初めて読むので楽しみである。
恐そうである。

松任谷由実のCDも借りた。

郵便局から自分のCDを送った。

古本屋で放浪息子を買おうとしたけどなかった。
コミックビーム系が少なかった。
どこ行っても少ないけどね。

スーパーでチョコのお菓子×2とキムチ、牛乳、豆乳を買った。
豆乳は激安で138円であった。
なかなか美味いので、一㍑の半分はもう飲んだ。

夕日か西日か、空が綺麗だった。
遠くの山々、富士山までも見えたので写真を撮ろうとしたけども、携帯を持ってきてなかった。

帰って、どうやったら曲をネットでダウンロード出来るのか研究をした。
なんとかなりそう。
またここで告知します。

夕ご飯はラーメン食べる。

夜、また仕事に出る。

今日はお酒飲まなかった。

最近、外に出まくりで健康すぎるので、明日はなるべく家で休憩する。
仕事も全部終わらせたし、曲の歌詞を考えたりしたい。

おやすみなさい。

放浪息子ばっかり読んでいた。
アニメはどんな感じなんか。

昼寝してたらすぐ夕方になった。

CDの注文があったが今日は出せなかった…。
明日は郵便局行かねば。

郵便局て休みあったけ?

振込みは急がなくて良いですよ皆さん。



放浪息子の世界の中で暮らしたかった…

せめて楽しい夢を見たい

昼過ぎに郵便局に行ってCD-Rを送った。

風が強く吹いていて歩きにくかったが、散歩がてらブックオフまで行った。
団地を歩いていたら、巡回中の警察官に呼び止められ、振込み詐欺に気をつけてください、と言われた。

ブックオフから帰る時、前のほうを高校生の男女がちゅっちゅっしながら歩いていた。
瞬間的に殺意が沸き上がり、それはすぐ悲しみとなった。

崩れ落ちそうになるのをぐっとこらえ、ふらふら闇の淵を歩き続けていると、後ろから自転車がやってきた。

女に人気なさそう系の高校生男子二人乗りだった。
仲良く適当な話をしていた。

彼らは僕を追い越し、高校生男女を微妙に気にしつつ追い越し、長い道の彼方に消えた。


彼らに幸多からんことを、と願った。


家のそばの自転車置き場で自転車が倒れていたので起こしてあげた
一日一善。


これくらいです。
おやすみなさい。

店の前を通りかかったので、覗いたら満員だった。
良い事です。
いつかテンションが上がってるときに行ってみるよ。

バンドをやっていた時は、昼ごはんを外で食べることがたまにあった。
その場合僕は100%の割合で松屋に行っていた。 
(ちなみに松屋というのは牛丼屋です)

新宿でライブがあれば歌舞伎町の松屋、大塚でライブがあれば風俗店のそばの松屋、秋葉原で練習があればメイドをチラ見しつつ松屋。
かたくなに松屋に通っていた。

その理由は、人と口を利きたくないから!

松屋は食券システムを導入しています。
店員さんと一言も話すことなく食事が出来るのです。
何考えてるか分からない店員さんなんかと話したくない!
この理由は病気です。

もういいです。
自分をあきらめる力も必要です。
みんなもがんばろう!


 

心も体もさみいよおお!

寒すぎて風呂を沸かしてる。

今日はもう閉店です。
なんとかせにゃ。
明日こそがんばる。

↑このページのトップヘ