市役所に行く前に、駅近くの松屋に入ってみた。

久しぶりに牛丼を食べ、普通に美味しかったのだが、半分ほど食べたところで黒い毛が入ってるのを見つけた。

ほう…漫画みたいなこともあるものだ。

僕は冷静にそれを取り除き、完食した。

もちろん不快な気分がなかったわけではないが、このくらいの事で動揺するようではニートはやっていけないのである。
あくまで紳士。

家でご飯を作るときも毛が入る可能性はあるし、その可能性を0にする事は容易ではない。
飲食店といえど同様であろう。

暖かく見守りたい、我が町の松屋。

どのような毛であったのかについての言及は避けるが、とにかく僕は松屋さんを許したい。
関係ないけど店員は全員女性でした。