ファイナル日記

べっどたうん高橋、その生の記録。

2012年04月

ゴールデンウィークだが、僕は人生について悩んでいた。

悩んだ末、海が見たくなったので、電車で幕張に行くことにした。



海は広かった。



車窓から見える海は果てしなく、僕の思索も果てしなく、広がった。 


……


ふと降り立った駅、何かのイベントが開催されているようだった。
DSC00696
ニコニコ超会議。


ニコニコ動画のイベントだろうか。

僕は行列に並ぶことにした。

前方のクソDQNカップルに胸糞悪くなりつつも耐えて並んだ。


やっとのことで中に入った。
盛況だ。
DSC00695


DSC00643
マーティー・フリードマンがいた。
(本日のベストショット)


初音ミクやイカ娘などの痛車がたくさん置かれていた。
DSC00651


DSC00664



しかし、人ごみに疲れた僕は、外に出た。


海風に吹かれ、お腹が減ったことに気づいた。


コンビニで食料を探したがほとんど売り切れだった。

結局、3件目でやっとツナパンを買うことが出来た。


DSC00713
ビルの谷間の公園で食べた。


……


ニコニコ超会議に戻ると、そこには、あの小室哲哉氏がいた。
DSC00736
こむこむー。


浅倉大介氏も出てきた。
二人の生キーボード演奏も聴けた。 
DSC00754
だいすけー。


デーモン小暮閣下も現れた。
DSC00764
 なんで?



そして結局、小室ど真ん中世代の僕は、 何十枚も小室先生を撮り、
この日の(自分内)メインイベントである、でんぱ組.incのミニライブには遅刻した。

メモリーカードの容量もパンクした。 


しかし小室哲哉をこんな形で見ることが出来るとは…時代が違うなと思った。 


……



疲れもピークに達していたので、平穏と喧騒の幕張を後にすることにした。


時代の移り変わりを感じながら、僕は帰りの電車に乗った。

車窓から覗く海。

海はずっと変わらない。

いろいろな事に気づけたのも、今日という日のおかげだ。

ありがとう。


明日はM3行ってくるから。

BlogPaint
あと三回寝たらM3だ。


CD-Rの準備よし!

売り子のA子さんへの連絡よし!

電車の乗り換えよし!

つり銭よし!


まだまだ他にやることがあるのでは…?

何をすればよいのか…そわそわするばかり。

落ち着こう。
紅茶を飲もももう。



不安なのは、CD-Rが一枚も売れないのではないかということと、
売り子A子さんが来ないのではないかということだ。


売り子をしてくれるような知り合いなんていたか?

私の妄想だったのではないか?


いや大丈夫。

さっき打ち合わせしたし。
メールで。

メール。

DSC00638

雨だったし、用事もなかったので家にいた。

ここのところ休みなく外を歩きまわっていたので、
体がちょっと疲れているようだ。

30日に合わせてコンディションを整えなくては。 


CD-Rの準備は完了した。

M3やコミケとか、そういうのに出店したことがないので、
どういう感じで荷物を運べばいいのか迷ってる。 

キャリーカートみたいなのがあれば楽だけど…持ってないや。
リュック&トートの必殺ダブルバッグで行くべきか。

旅行用のコロコロがついたカートはある。
それが良いかな。

邪魔になりそうなのがマイナスポイントだけど。

コロコロ行くか~。

まだ先のことになりますが、
次のアルバムのジャケット印刷は立派なモノにしよう、
と思って調べてみたらすごく値段が高い。

一般的なホチキスで真ん中綴じてあるやつとかにしたいけど…無理だ。

良い物を作るためにはお金が必要だったのか。
売れなくてはいかんかったのか。
うわあああ。


しかし徐々にレベルアップして行くのも楽しかろう。

とりあえずコピーの歌詞カードは卒業する。
ホチキス綴じはまだ高嶺の花なので、一枚の大きな紙の歌詞カードにしよう。

紙質は薄いほうが安いので、なるべくペラペラにしよう。

作品を出すごとに徐々に厚くなって行きますから。

そしてラストアルバムでやっとちゃんとプレスしたCDになりますから。

これがアルバム10枚計画です。
今考えました。

いやあ夢が広がりますなあ( ゚∀゚)
売れればいいなあ。


調子は良いので色々と作業をしてる。

正直、次回作の曲はほぼ揃っている。
ここだけの話だよ!?


そしてべっどたうん以外でも、忙しくなるだろう…。


…しかし!
この良い調子がずっと続く訳でもないと思うので、うまく己をコントロールしていかねばならないと思う。

私も最早おっさ…大人の男としてそういう所でも成長していかねばと思っている。


でも調子悪い時はどうにもならない事を知っている。

ただ寝るだけしかない日もある。

そう…やっぱりコントロールはできない!

流れに任せるしかない。
その流れに如何にして乗るかだ。

コントロールしたかったよ。

DSC00634
先日マックに一人で凸した者だよー。

さっそく胃腸が痛くなったのでドラッグストアに行ってきたよ。

胃腸に良い薬を買ってきた。

これでダメならもうダメだ!


とかうっそー、全部うそ!
とりあえず元気だよ。

ガンガン曲作りをする所存!


アイドルのシングル盤に入ってるオフボーカルのトラックは
歌入りのやつよりカッコいい場合があるよ!

それが言いたかったよ! 
テペロ。

ちょっと躊躇してマック周辺を2周ほどしましたが、
このままでは行けない!と一歩を踏み出し入店したのです。

僕は声が小さいので、見事に注文は訊き返されましたけど、いいのです。
コーヒーを呑み、アップルパイを頬張りつつ、
ちょっと長居をして歌詞を考えました。

まあ捗ったっちゃあ捗った。
結構外でやるのはいいですね。
自分も社会の一部になったような…
ちゃんと仕事をしているような感じ…。

週一、二回くらいはそういうのを感じに行きたい。


時間帯的に学生たちが多かったです。
僕も大学生っぽくしていましたよ。

でも実際は大学生どころの年じゃないです。
いつのまに?不思議ですね。


さあ、これは大いなるはじめの一歩です。
これから徐々に社会復帰を目指すのだ。

マックに慣れたら次はドトール!

考えてみたら、マックが怖いと言う訳ではなかった。


テンションの違いだ。


準ひきこもりな僕とマックとの間にはかなりの温度差があるから、そこになんだか居心地の悪さがあるのだ。

だから薄く苦痛を感じてしまうのだ。


現に、友達と話した後のテンションの時、わりと普通に行ける。

そういう事なんだ。


このままローテンションのままでいるのか、いつでもマックに入れる状態(テンションマック状態)を目指すのか…。


変化は怖い。

でも、もう親や家族に心配をかける自分が嫌だ。


いったい何年この感じでいるつもりだ!
ばか!

多少無理してもいい。

僕はテンションを上げる道を選びたいと思う。


なんか早死にする気がするけど良いではないか。

心にも体にも無理してもらおう。

外に出るためだ。


もう親に心配をかけるのは嫌だ。

よし明日はマックに行って歌詞をすらすら書くぞ!
って準備したけどやっぱりマック怖い! 

何ヶ月も行ってないし!
一人でなんて何年も行ってなかった!

しかし外に出ていかねば!
…しかし!
そんな無理してマックに行くことに何の意味があるのか!?

ずっと家にいればいいのに。

なやましい。

↑このページのトップヘ