ファイナル日記

べっどたうん高橋、その生の記録。

2012年05月

ブログのコメントは返したい派なので、なるべく小まめに返していますが、調子の悪い時などは見れないので放置しております。

最近も放置しておりましたが、ようやく体調が回復してきたため、我がブログを確認した所、1件のコメントがついておりました。

ありがとう、そしてありがとうと勇んで読んでみましたが、なんかアダルト系の広告?でした。

脱力、ちょっと悩んでから削除。

むなしい…。

土曜

新宿まで電車でGo。
でんぱ組を見る。

昨今のアイドルについて申し上げたい事があるけどまた今度にする。

高島屋?のビルのユザワヤとユニクロに行く。
パンツ買う。
ビルでかい。


日曜

家でだらだら。
ギターやベースを弾く。

競馬中継で、この馬が1番いんじゃね?と思った馬が1着になる。

深夜、若い代表のサッカーを見る。
守備崩壊して負けた。
3時まで起きていたのに…。


月曜

朝から所用で外出。
近所の人に挨拶も欠かさない。

所用を済ませ、ちょっと買い物。
ブックオフで「リア充宣言」なる本を発見。

オタクがリア充になるための方法が書いてあった。
そのオタクを思う優しい語り口の文に感動。
購入。

外に出ると大雨。

タワレコで試聴して時間潰す。
ブルーハーブの新譜欲しい。
クリープハイプというのもなかなか良かった。

しかしどのCDも値段高すぎ。

せめて洋楽くらいに合わせてはどうか。

洋楽ではTAHITI80プロデュースのマンソーっていうのに注目した。

雨上がったので帰った。

夜も所用で外出。
自転車二人乗りの大学生カップルに殺意。
つらい。

帰って詩を書いた。

僕は生きていけるのか。

図書館に行って、本を読んだ。

テレビでサッカーの代表戦を見た。

少しベース弾いた。


感覚的には寝て起きて寝てる感じ。
最近12時間くらい寝る。
どうしても起きられない。

夜がずっと明けなければ良いのに。


おお、誰がなぜこのような試練を与え給うのか。
この苦難の先に何が見えるのか。


ていうか何に苦しんでいるのか。
悩めるお年頃なのか。

めんどくさああああ。

昼間インスタントラーメンを食べた。
豚骨魚介風味、みたいな珍しいやつ。
おいしい。



転がり続ける石は苔むさない。
その逆で、今の僕は苔にむされまくっている状態だ。

ここまで苔むされてしまうと、いっそ限界まで苔むされてしまおうかとも思う。

くっそ。

19日

重たい体を歩かせ、東大の五月祭を見に行った。

最高に良い天気だった。
安田講堂前で、でんぱ組のプチライブを見た。
10分くらい。
それだけのために来た。

東大ではたくさんの人が騒いでいた。
自分はまだ体調が思わしくなく、地を這うようなテンションだった。
祭りとキャンパスライフの、その雰囲気にプチ発狂しそうだったので、すぐに帰る事にした。

屋台や赤門や女子大生には目もくれず、まっすぐ駅へ。(目もくれずと言うのは嘘です)

ホームで立っているのがやっとの体。
やはり無理はいけなかったのか?
でんぱ組は楽しかったが……
とか考えつつ地元に帰還。

松屋に入り、吐きそうになりながら牛丼並をやっと食べ、帰って寝た。


20日

布団から起きれない。
昼2時にやっと起きた。

相変わらずの不調に苦しむ。
洗濯機を回す。
ネットを見たり、音楽を聴いたり。

光が見えたかな、と思うと闇に引っ込む。
それを何度も繰り返していた。

ネットを見ながらギターを弾く。
抜け出すきっかけがほしい。

夜になり、風呂に入って暖まったら体が少し楽になった。

この分だと、明日はもっと良くなってそうな気がする。

きっと4月の疲れがすごい事になっているんだ。
だから不調なんだ。

疲れているだけだ。
そう思った。

明日は早く起きようと思う日に限って、夜更かしをしてしまう。

でも良い気分転換になったかもしれん。

ひたすら現実逃避して、物語の世界(二次元)に入り込んだ。
頭がスッキリした感じ。


今の僕の人生では、結婚はおろか、恋人さえもできまい。

あと何年生きていけるかもわからない。

それを直視するな!
ヤられるぞ!


と言う事で現実逃避だ。

幸せとか人の温もりとかないから(・∀・)

手に入らないもの求めても病むだけだから。

生きるための逃避だ。






……でもそんなのは嫌だ!!






いやいや、嫌じゃないから(・∀・)





新曲ですが、あとちょっとしたら上げます。

ちょっと滞っていまして、すみません。

をYouTubeに上げようと思ったけど、今日に動画が間に合わなかった。

久しぶりのMySpaceに上げてみようか。
でもやり方忘れてしまったわ。


……

今日はその曲のミックスと、ネット閲覧、あとはちょっと働きに出て、スーパーでお酒購入、家でカレー食べて、飲んで、ネット閲覧。

あと孤独感や自己嫌悪に耐える時間。



なんか新社会人とかですごく明るくて希望に胸膨らませてる女の子とかいますよね。
そういう人は素晴らしいと思う。

いっぽう暗い泥海の底で万年ウダウダしてるような人もいますよね僕です。

つらいので、もがき続けていますが……もがくのもそろそろつらい。

たまにはぷかぷかと浮かんだりして、何も考えないままでいたいものです。

頭が黒い泥でいっぱいだ。

耐え難い

定期的にやってくる寂寥感

きっと一生僕はこのままで
結婚もできないんだ

などと、考えるのももう飽きた

客観的には見れん
頭を抱えている熊だ

耐え難い
あと何年あるのか計算を

申し訳ない
これ以上申し訳ない状況にならないように
とりあえずキープ

耐えるなり

しかしなにこの感じ

孤独だ
孤独祭りだ
わー

図書館で本を読んできた
どこか夏のような日だった

孤独だ
孤独祭りだ
わー

ごみをひとつ拾って捨てた
僕の手は汚れたかなあ

孤独だ
孤独な祭りだ

孤独だ
孤独な祭りだ

誰かと肩を組んでみたいなあ

うう…
相談できる人が誰もいないこの想い。
僕を苛みます。

人と話をするだけで、
毎日がまったく違うものになると、そう思います。
あまり苛まれなくなるはずなのです。


ほとんどの人は毎日誰かしらと会話しているのでしょう。
だから比較的テンションも下がりづらいと思うのです。
その点僕はだだ下がりです。

会話したい内容自体は大したことありません。
ただ寂しいだけですから。

「でんぱ組聴いてみてくださいよ~w」
「一緒にアイドルヲタになりましょうよ~w」

とかそういうことを話すだけです。
マックで。

あと多分
「最近どんな漫画買いました?」
とか
「おやすみプンプンまじ鬱っすw」

とかそういうことを話したいです。


話せないのならもうダメです。
このだだ下がったテンションのまま、奈落の底に真っ逆さまですよ?

破滅への道を転げ落ちるのみです。
転げ落ちるのみですよ?


クリエイティブは孤独…。

寂しい。
もうだめかもしれない。


しかし…まだ…生きねば…。
謎の彼女X(アニメ)を見るために…!

それだけのために!

謎の彼女X!

最終回が僕の最後だ!

X!

う…
こんな人生なので、不安でたまりません。

楽しい事も何もないのです。

むしろ楽しい事が何もないから、不安に心を蝕まれてしまうのではないでしょうか。


僕は孤独なので友達もほぼいませんし、恋人もいません。

まったく何も楽しくないです。


今日は図書館で作詞をしました。

先程も家で作詞をしていました。

作詞できるだけまだ大丈夫です。

ですがこの気力もすぐに尽きてしまうのでは…不安です。


孤独です。
たぶんもうダメなやつです。

孤独をこじらせ、おそらく死にます。

千の風になります。


しかしまだ耐えねば。


耐えるために作詞をし、このようにブログを書いてます。

ああ、まだ耐えねば。


梅ちゃん先生を見るために…。

答えは出ない話だけど、とりあえず僕は音楽を作って行きたいのだ。

それも仙人のように。
静かに。


風当たりが強くなってくる。
僕はもう良い年だ。

蔑まれる事もあるからつらい。


しかしそこでブレずにいたいのだ。
難しい。
鬱だ。


孤立は深まる。
友人も、恋人もできない。

それはダメだ。

奥さんの支えがなくてはやっていけないのだ仙人は。

本当の浮世離れがしたい訳ではない。
世界と繋がらなくては。


つまり、世間の攻撃に負けず、己を貫きつつ、良い感じに距離をとってやっていきたいという事です。

そんな都合のよい事にはならないと思うけど、できるだけ近づきたい。

近づかなきゃ生きて行けない!

日中オールダークサイド。

夕方の風呂と、風呂上りのストレッチで少し良くなった。

洗濯に加え皿洗いをした。

夜、ケーキを食べ、母の肩を揉んだ。

全身もマッサージした。


自分が生きている意味は、母がいるからである。

それだけで生きている。

DSC00805
夜中にお酒を飲みながら近所を徘徊した。


DSC00810
ストロング系飲んだらちょっと歩くのだるかった。

小雨にまみれて歩いた。


……


上野動物園に行った。
DSC00812
友人カップル&自分と言う拷問メンツ。


DSC00822
無料開放の日だったからか、GWだからか、人が結構いた。


DSC00883
ひと通り動物たちを見た後、二人と別れ、不忍池を見に行った。
10年ぶりくらいに見た。

母親と美術館に行った以来の上野。


DSC00885
どん・西郷も見ておいた。


DSC00886
スカイツリーが見えた。
女の子が背伸びして一生懸命写真を撮ってた。


その後は新宿に行って、三輪二郎という人のインストアライブを見て、
ユニクロ行って帰った。


……


DSC00889
カップルにCDあげたお礼として、ビールをもらっていたので飲んだ。

うまかった。


それ以外は何もしていない。

何もする気もない。

朝の6時に起床。
余裕を持ったつもりが駅まで走る羽目になった。

キャリーカートも重いし、 朝からチオビタを飲んでいたのもあって、
滑り込んだ電車内でずっと動悸が早かった。
ふわふわした。


新宿から浜松町に行き、売り子のA子さんと合流。
机を持ってきてくれた。
時間通りで素晴らしい合流だった。 

そこからモノレールで流通センター駅まで行く。
モノレールはスリルがあんまりないジェットコースターのようだった。


流通センター駅を降りてすぐ会場である。
老若男女さまざまな人が待機していた。

八重桜?がまだ咲いていて、なにか学校の入学式のような、
不安と爽やかさが混じった雰囲気を10%は感じた。 

さっそく会場入りして、設営を始めた。
端っこだったので、「気楽でいいね~」と話しあった。 

BlogPaint



ついに(M3-2012春)開場の時間になり、ぽつぽつと人が入ってきた。

しかしなんと端っこの方にはあまり人は来ないのだった。
来ても無名のサークルには総スルーだ。

しかもメイン会場は別のホールなのだ。
ここはフリースペースと言う名のカオスな空間なのだ!


そこで僕は暇をつぶすため、流浪の旅にでた。
混雑しているメイン会場などを指をくわえて見物した。


戻ってトッポを食べてたら数人買ってくれた。

そのあとまた人が来なかったので、僕はつかれてしまった。
2階に上がり、窓から桜を見て「きれい…」とつぶやいたり、瞬間寝たりした。

同人音楽好きたちが「久しぶりー」とか談笑している場面をぼんやりみていた。

仲間…。

売り子A子さんがいてくれてよかった。
一人だったら、寂しさからそのまま会場の外へDASHしていたかもしれない。


戻ってグミを食べてたらまた数人買ってくれた。

いかついお兄さんが視聴をして、「よかったっす」と言って買ってもらえたのが嬉しかった。
僕は「ありがすっ」と言った。

思えば面と向かって、そういう言葉を言ってもらえた経験はほぼないのだった。

他の人にも、もっと目を見て「ありがす」と言うべきだったと思う。
どういう経路で買いにきてくれたのだろうか。
「これを買おう」と決めてきてくれてた感じだったと思う、端っこだし。

あまり態度には出せませんでしたが感謝の気持でいっぱいです。


そんな事もあり、だんだん元気になってきたところで閉会時間になった。

「売れてよかったけどもう少し売れたらよかったねー」と話しあいながら、
八重桜まみれの流通センターを後にした。


浜松町でカフェに入り、売り子A子さんにお礼のカフェラテをご馳走した。
一人では心が逝っていたと思うので、彼女には感謝である。
本当は居酒屋でやりたかったが…すまぬ。



売れなかった時間は、「やっぱもう通販だけでいいや…桜きれい…」と思ったけど、
今振り返るとなかなかの経験だったと思う。

なんというか、今まで通販や店で買ってくれた人も、今回買ってくれた人も、味方なのだ。

味方はいるのだ。

それを改めて考えたし、身に沁みた。


……


今日はさすがに2日連続のハードスケジュールで体が重かったので何もしませんでした。
でも一曲作った。

まだやる。

↑このページのトップヘ