ファイナル日記

べっどたうん高橋、その生の記録。

2013年01月

所用で朝から外出。
電車に乗る。

ウォークマンを忘れたので退屈だった。
風景を見ることにして耐えた。

降りた駅で用を済ませた。
腹がぐーと鳴りジャスタアフタヌーン。 
改札前の蕎麦屋に突入。
美味かったので汁も全部残さず食べた。 

調子に乗ってふくらました腹が少し気持ち悪くなってきた。
だが耐える。
電車に乗り、途中で降りる。

図書館に寄り、本借りる。
坂口安吾、やる気が出るよ!みたいな本、ニルヴァーナの本、など。

変な場所を見つけた。
ふつうの大型本屋なのに古本を売っている。
大きくて良い本屋だと思っていたが、迷走を始めたのか。

しかし安かったので、ホーリーランド7・8・9、エレキング、高野文子など買う。

そして電車で直帰。
帰ってFFプレイ。

少し曲の作業。
新アルバムはたぶん2月くらいに出来そう。
印刷とかあるからわからないけど…。

がんばろうー。


女子で自撮りが下手な人を見たことがない。
うまく撮れたのしか見せないからだろうか。

もし僕らのようなモノノフが自撮りを撮ったらどうなることか。
ちょっと撮ってみて下さい。
100枚撮ってもロクな結果は出ませんでしょう。
不思議~。


29日
今日は小休止。
一曲だけベースを録音する。
超久しぶりに弾いた。

バンドでざ・べっどたうんやろうと思ってメンバー探してるけど、不安は尽きない。
に、人間がおそろしい…。

とは言え昨日も普通に会話を交わしたし、調子戻していけば大丈夫だろう。
そして周りを理解のある素敵な方々で固めてもらえれば大丈夫だろう。
頼らせていただく。

僕は相当ブランクが有る。
何年間もライブハウスで演奏やってないし、スタジオさえまったく入ってない。
スタジオの予約が不安である。できんの?

そして僕の超絶にへなちょこな演奏力。
当然猛練習しますがのう。
まわりに支えてもらえればOKだ!
決して上手い下手で決まる世界ではないし。

まあそんな瑣末なことはどうでも良い。
ざ・べっどたうんの曲が生演奏で再現されることに意義があるのだ。

僕はそれだけのためにやる。
以上。

DSC01503
知り合いに誘われ渋谷のライブハウスへ。
なんと今年初めて外の人間と話した!ガチなので自分で引く。

おぼつかない会話。泳ぐ目線。
光るダンスフロア。ハッピーピーポー。

終演後、挨拶してライブハウスを後にする。

渋谷はいつでも渋谷。
このまま帰るのはなんだかもったいなかった。
せっかくなのでカフェで一休みして帰ることにした。

DSC01509
窓の外がよく見える。
沢山の人が歩いてる。
ギターケース持った人たちがいる。
大学生の群れが騒ぐ。
僕は一人でそれを見る。

いつになったら僕は一人をやめる気になるのか?
どうしようもないことだ。
自分ではどうしようもない。


しかーしなんだかんだで楽しい一日だった。

ライブなどの誘いはなるべく断らぬようにしよう。
カフェなどへの誘いもあったら断らぬようにしよう。

DSC01510

BlogPaint
すべてが都合よかったので歌を録音した。

DSC01501
超絶に洗練されたスタジオで歌を録るべっどたうん。

無事一曲録れて万々歳でした。

午前十時に起きることに成功した。

今日は完全フリーの日ということで、図書館に行った。
スーパーで雪見だいふく・プリングルスの偽物を買った。

そろそろ人と会わないとヤバイかな~と思いつつ、誰にも連絡せず終い。
というか気軽に連絡できる相手がいるわけじゃなかった。
そういう相手を増やすべきだろうか?
しかし今更どうやって?

いろいろと活動したいのだ。
バンドメンバー集めようとしたり…。
外に出て活動することは良い事だからがんばらないと。

そういった事を図書館で考え、悩み続けた末、とりあえず引きこもりたくなってきた。
引きこもり、曲を何十曲も作り、突如としてYouTubeに発表したい。

ネットも見ないほうが良いのではないかこれ。
他の人の人生を見るにつけ心を乱すよ。

ネットが悪いというより、SNSとかでネットべったりになるからいけないのか。
でも、悲しきかな、PCもネットもなかったら僕本気でヤバイだろう?
ネットがあるからこうして音楽を発表できているのだ。
そうだ、ライブが出来ない自分はネットがなかったら音楽を発表できないのだった。

ネットと音楽に感謝っす。しゃす。
君たちがいなければ僕はただのヤバイ兄ちゃんになる。


昼下がりの住宅街。

「あなたのお隣の息子さん、なにしてらっしゃるの?」

「仕事してないみたいなの。この前は昼なのに図書館でぷらぷらしてたし」

「いい歳して…長男なのにねえ…」

「あ、ちょうど出てきたわ!」

「あら…あんなヒゲヅラで…どこに行くのかしら?」

「仕事じゃなさそうね。服がカジュアルすぎるわ」

「また図書館じゃないかしら?」

「なにか勉強でもしてるのかしらね。この前はラノベ読んでたけど」

「司法試験でも受けるのかもしれないわよ」

「何かしらの難関な試験で浪人してるという可能性も、無きにしもあらずね!」

「言われてみれば精悍な顔つきしてるわ。目は死んでない。なにかしらの強い意志を感じる」

「静かに見守ってあげようかしら…」

「そうね、そうしましょう」


↑ただでさえこんなふうに複雑に見られているかもしれないのに!

音楽を作らなくなれば自我が保てなくなるだろう。
行き着く先には崩壊した未来しか見えない。

今は曲が出来るから崩壊せずに生きていけてる。

それで良いのかなあ。

まあ良いか。
引きこもろうがどうしようが。
家族がいるうちは良い。

それ以降は自分ではコントロール出来ない。

昨日は朝方に寝てしまい、目覚めたのは午後二時だった。
すぐ夜になった。

外が暗くなってから、用事を済ますために外に出た。
音楽は聴かず、考え事をしながら歩いた。

夜の散歩は考え事をするのにとても良い。
主に「今後どうしようかな~」と言うことを考えた。
ざ・べっどたうんとしてどうしようかな~。
とりあえず新作上げよ。

新作アルバムの製作状況は80%くらい。
ホームページも更新せんと遺憾。
80%です!ってさ。

散歩の仕上げにスーパーに寄り、焼酎・雪見だいふく・納豆を買った。
焼酎で果実酒を作るつもり。みかん酒。

やあ明日は早起きしたいなあ、と言いつつ三時だ。
FF6をプレイしてから寝よう。

明日は歌を録音する!
って宣言して自分を追い詰める!
明日は!歌を!録音する!

DSC01448
ジャケットの制作をした。
派手なカラー写真の上に歌詞を載せる計画だったけど、文字が見難くなってしまってまいっちんぐ。
加工をし続けて結果的に白黒になった。

残りの時間はFF6をプレイし、小説を読んで過ごした。

今年に入ってから他人と話してないけど普通!

調子が悪い時は耐えるしか無い。
調子のいい時にやればいいのだ。
調子のいい時があればの話だが……。

最近シンセが欲しくなってきた。
なんか新しい風を吹かせたいじゃん。
でも買っても使わないかもしれんから迷う。

もう二時半になってしまった。
明日の早起きは無理だ。

寝るのが遅かったので朝どうしても起きれず、ずっとタイマーのラジオを聴きながら布団の中で、もぞもぞ、うとうと、としていた。
NHK-FMでは浪曲などが流れていた。
僕の気持ちもうおおぉぉぉおいいいぃいいぃいんみたいな感じだった。

昼過ぎになんとか起き上がり、マーガリンが詰め込まれたパンをちぎって口に入れて噛む。
寒くて動けなかったので暖かい紅茶を入れてちびちびと飲む。
お腹の中に暖かいものが満ちていく安心感。心地良い。

洗濯機を回して、妄想回線インターネットワークを巡回した。
携帯メールが2通も来ていたので戸惑った。

夕方、凍る道をすべすべと歩いて用を済ませた。
ここはがんばった。

夜、鳥がオーブンで焼かれたものをちぎって噛む。
濃い西洋風の味付けがされていた。
鳥の味が染み込んだじゃがいもやにんじんも噛み、口の中で舐めるようにもぐもぐする。
もぐもぐ。

秋葉原に行こうかという話が出ていたがナシになる。
今年はじめて他人と話すチャンスだったのに。
逃した。
しかし焦らずともチャンスはあるだろう。
今年はまだ始まったばかりだ!

外出。
まだ雪の残る道をがしがし歩いた。

用を済ませてから図書館へ。
舞城王太郎の本を読むが隣のおっさんのいびきがうるさく集中できず。
図書館にはいろんな人がおる。

Facebookのやり方みたいな本を読んでみる。
…やってもいいけど、リアルな友達がほとんどいない自分じゃ続かなさそうな感じ。
昔の知り合いに今の自分を知られても困ることにも気付いた。

LINEと言うのもあるらしい。
これもリアルな友達がいないから楽しくなさそうだ。

そもそもスマホ持ってなかった。
次のSNSを待つ。

場所を変えてベンチでPSPのFF6をプレイする。
持参したチョコパイを食べ、紅茶を飲む。
すぐ電池が切れたので帰る。

深夜、曲作りする。
少し進んだ。

なんだかんだでM3には出ないことになったので、完成した暁には通販限定で販売する。
委託は今のところ申し込む気分になれない。なんとなく。

にんともかんとも。

もうこんなことはやめようではないか!

最近、小学生だったころの自分が写ったビデオを見た。
自分は明るかった。
家族も明るかった。

自分が明るく生きてさえいれば、家族ももう少しプラスでイイ感じになって来れたのではなかったか。
責任を感じる。

あの明るかった自分からまたやり直せないだろうか?
もう今の自分は限界ではないだろうか?

周囲から見れば人間の屑だろう。
しかし自分自身ではそうは思っていない。
しかし周囲はそう見る。
それは分かる。
でも本当は違うのである。

しかしそれはやっぱり屑であろうか。

限界。

自分は未だに子どもたちが怖いし、学生が怖い。 
おととい子どもの集団が野球をしていたところに通りかかった。
「人きたストッープ」
前を歩く時は緊張した。
もうそんな人生は辞めたい。

こんなことを書いて何がどうなるのかはわからない。

しかしなんと言うか、自分の思考?…や物の考え方、感じ方がまずいということはずっと前から分かっていたこと。
それを矯正出来ないで来たのが今の自分。
ちょっと神経が過敏な自分。

神経をすり減らすと心もすり減るとして、あと何すり行ける?
あまり神経すり減らしたくないの。
だから家にいるの。

で、家にいるとネットを見てしまう。
知ってるような知ってないような人たちがいて、でもその人たちと自分は話すこともなくネット上でもスルーで心もすり減る。
心閉ざしキャラいつまで続けるの。

ネットを見るってことは、やっぱり自分はみんなと繋がって生きて行きたいと思ってるっていうこと。

もっと評価してもらいたい。

誰にも褒められたことなかったから中学から。

だから評価されたい。良い評価をたくさん。

なぜバレンタインのチョコもらえなかった。

いなかったからだ。

女の子には存在を抹消されていたから見つけてほしい、そして褒めて。

男はちょっと怖いけどもう年齢的に兄さんだし、なんでも相談して。


こんな人生になるなんて思ってもみなかったんだ。

とにかく自分は曲を作るけど、それだけじゃダメなんだ。
たくさんの人に今までの人生分の評価をされないとダメなんだ。

事務所とかレーベルとかレコード会社とかは金がすべてだから。
自分は金がすべてじゃない活動をしたいから。
仲間はできないけど、一人でやれることをやる。
それはざ・べっどたうんの活動に限らない。

今年は人生を変えたい。
このままの自分じゃ持たない。
どうすればいいかは分からない。

ただなにか小さなことで変わるような気がする。
それは簡単なことかもしれない。
そう考えていたい。


外出。
道が凍っていたのでいつもの三倍くたびれた。

用を済ませて図書館で本を読み、マックで詩を書いた。

辺りはもう暗くなっていた。
スーパーでプリングルスとチョコパイと筋子を買う。

白くてつるつるの夜道をアンダーワールド聴きながらさっさと歩いて帰宅。


ネットを見れば見るほどダメになっていく気がする。
いらない知識や意識ばかり増えて、昔の自分とはまったく違う考えになってしまっているのではないか。
それは池が濁り沼になっていくようなものなのではないか。

知識を増やして、自分の考えを深めていくのは人間にとって良いことなのだろうか。
ほどほどの所で生きたほうが明るく暮らせるのではないか。
考えすぎて暗くなるより、アホでも明るく暮らしたほうが良いのではないだろうか。

いや、しかし、アホはやっぱり嫌ではないだろうか。
アホになることを回避し、理知的に、なおかつ明るく暮らせれば最強だ。
そこを目指すには、ネットを見ることは欠かせないのだろうか?
ネットを見てもアホな知識が増え、暗く嫌なやつになるだけのような気もする。
しかし、それも必要だろうか。
今は2013年だから。


人生が完全に楽しくないと言ってしまう。
自分はそこまで言う。
そこまで言ってしまうことも辞さない構えだとも言ってしまう。
とにかくちょっと人生がダメだ。

なぜ?
ちゃんと働いてないから?

働けないのには訳がある。
まず電話がかけられないし、電話に出られない
そして偉い人に面接なんてされたくない。
こっちがしてやりたいくらいだ。

あと元気がない。
元気を出したとしてもすぐしぼむ。
場の雰囲気を悪くする。
現代のコミュニケーション重視な厳しい仕事なんて続けられるわけがない。
きっとすぐ辞めてしまう。
すぐ辞めてしまうのに働こうとは思わない。
だから働かない。

ただ続けていることはある。
それが大きな収入にならないだけで、何も出来ないわけではない。

でも今の状況は楽しくない。
これが今までの人生への代償かもしれない。
代償ならもうたくさん払った。
そろそろ許されても良いのではないだろうか。

何かしら変えんといかんと思いつつ、プリングルスを噛む。


東京は雪。
起きて窓の外を見た途端、笑いが漏れるほど外の景色は昨日と一変していた。 
全てが白かった。

どうしてもブックオフに行かなくてはならなかったため、長靴履いて雪ザックザク。
6枚くらいCD買って帰宅。
道路はひどい渋滞。
動かなくなってる車が多数。
東京にあの雪では大変だっただろう。
徒歩が正解だった。

こたつに座り、さて見るか、とテレビをつけた高校サッカー決勝戦はまさかの順延。
雪でもやると思ったのに。

仕方なくPSPでFF6をやりまくる。
読書をする。
寝る。

明日はつるつる滑る道ばかりになっていると思う。
でも僕たちは外に出よう。
やることがあるのだ。

僕は音楽を作らなくてはいけない。
修羅となって、鬼となり、孤独な毎日も気にならぬほどに打ち込まなくてはならない。
明日こそやらなければならない。
孤独に潰されることはない。
それは大事なことだ。
耐え難い孤独に耐えることは男を強くする。
しかし弱くなってる気がする。
そんなことは考えるな。
感じろ。
お前は修羅だ。
阿修羅だ。
行く末にはさらなる孤独と絶望が待っているかもしれぬ。
だが、やるのだ。
寂しい。
だが、生きろ。
そなたは美しい。
雨にも雪にも負けずまだ立ってるぞ。


明日だ。



僕は曲を作ってればいいのかなあ?

今日は何もしていないよ。
洗濯して、図書館行って本読んで、ショッピングセンターのベンチでPSPのFF6をプレイして、家に帰ってお魚を食べて、風呂に入ってネット三昧。

曲を作ればいいのかなあ?

このブログを見てくれる人がいるってことはさ、多少なりとも気にしてくれてる人がいるってことでしょう。
そういうのをもっと受け止めたい。

だって僕は何もしていないのだから。

受け止めてちゃんと曲を作っていくべきだよ。

それはわかった!
そうする。


まずいのはさ、人生が面白く無いってことなんだよ。
それは僕にかけられた呪いかもね。
仕事しなさいってたぶんみんなが指さしてる。
僕だけに見える指。

人と楽しくワイヤイやりたいよ。
でも男も女も信じられないんだ。

昔の男友達は僕が学校に行かなくなったら消えたよ。親友もね。

ある女は僕が当時ニートだと知ったらあからさまに顔色を変えた。
変えない人もいたけど…。

恋をしたらそりゃあ楽しくなるだろう。
そう僕に必要なのは恋さ。
金など挟まない本物の心と心のつながりさ。

でも女は金。
また僕には呪いがかけられている。
女は…金…。

しばらくつまんない日々が続きそうだ。

曲を作れば大丈夫かな。
ライブをするのはどうかな?
できるのかな?

明日は土曜日、都会に出ようか。
外出すると曲作れないな。

なんかもっと受け止めたい。




ゴミ拾いとかしたい。
社会に貢献したい。

下北沢でそういう活動してるサークルがあるみたいなんだ。
一人で参加するの心細いから、誰か一緒に行こうよ。

ゴミを拾うんだよ。
僕たちはゴミを拾うべきなんだよ。

みんなのために街を綺麗にしようとかそういう気持ちじゃない。
自分のためにゴミを拾うんだ。
結果的に街が綺麗になるんだよ。


今日は身も心も孤独だった。
何もする気になれなかった。
FF6ちょっとやった。

まったく最高だよ。



Gt Ba Dr Key募集

☆条件☆

1・べっどたうんに理解がある人。

2・べっどたうんの曲を耳コピ出来る人。

3・ある程度安定した演奏が出来る人。(べっどたうん本人は安定しません)

4・秋葉原、新宿、下北あたりで活動できる人。 

5・仕事が忙しくない人。



こんなものでしょうか。 
とにかくバックの演奏は安定していて欲しい。

興味があったらメールしてね!
メンバー集まらなかったらすみませんがやりません!


ざ・べっどたうんバンド。

年に二回くらい夢をみる、バンド活動。

なぜやらないのか!

メンバーがいないからである。

自分より上手い人が協力してくれるならやりたい。

ちなみに自分は歌もギターも下手っぴである。

せめてバックの演奏は上手くあってほしいのだ。

敷居は低いはずなのに、協力してくれる人なし!



そしてM3どうする?


同人音楽CDの即売会、M3。

出店するか!

…するか?

今回は完全ぼっちの参加となりそうだ。

CDもきっと売れないだろう。

それは非常に怖い。

ずっとPSPでFFをやっていると思う。

しかし…少しでも出たいという気持ちがあるなら、出るべきではないだろうか!

参加応募の締め切りは明後日。

どうしよう!

行け!

行くんだ!

いいよな!?

昼過ぎに起床。がっかりする。

とりあえずマッハで日常の雑事をこなす(洗濯・食事・歯磨き、など)。

洗濯物を畳みながら「けいおん」の映画を途中まで見た。
癒された。

外に出る準備をする。
いつの間にか17時になっていた。

外はものすごく寒かった。
用事を済ませ図書館に寄った。
図書館でロング・グッドバイを読んだ。
少し詩も書いた。

閉館時刻になったのでマックに移動。
詩を書こうとしたけど周りで話してる人達が気になって集中できず。
だんだん沈んだ気分になる。

帰り、エスカレーターに乗ろうとした時、仲良さ気なカップルに行く手を阻まれさらに殺伐としてしまった。
この時今夜は酒を飲もうと決めた。

雪見だいふくと生ハム買って帰宅。
気分は沈んだままだったが、夕飯を済ませ、風呂を済ませたら気分はまずまず。

弟がFF6をPSPでダウンロードしておいてくれた。
FF6懐かしプレイがしたくなって頼んでおいたものだ。



マックで詩を書いている時、あんまり言葉が浮かばないものだから、テンションが下がり続けて、自分はこんなことをしていていいのか、という自問が何度も浮かんで困った。

自分は本来何をするべきなのか。
無論お金を稼がなければならないのであろう。
お金を稼ぐということは働くということだ。
ではなぜ働かないのか。
いや、働いている。
洗濯や掃除してる。
でもお金は産まない。
やはりお金か。

お金のあるなしで判断されるのは仕方のない事だ。
前知り合いだった女の子もお金=経済力を重要視していた。
そういうものなのだ。

それに腹を立てても惨めになるだけだ。
どうしたって揺るがないのだから。
自分でお金を勝ち取って行くしかないのだ。

それでも自分はなぜかお金を稼ぎに行く気にならない。
なぜなら今は家もあるし食べ物にも衣服にも困らないからだ。
この最低限な感じで満足なのだ。

親の家に下宿させてもらい、お小遣い程度の収入はあるので、趣味はそれでまかなうのだ。
それでいいのだ。

しかしダメなのだ。
それじゃ世間的にはダメなのだ。
こういう暮らしをしてる人間を、他人は(とくに女性は)相手にしてくれないのだ。

相手にしてくれないと結婚ができないのだ。
寂しいのだ。

でもそれでいいのかもしれない。
こういう人間は淘汰されていくべきなのだ。
親が死んだら自分も死のうと思っている人間なんて、結婚出来るわけがないのだ。

だから一人で好きなことをやって、時が来たら野良犬のように野垂れ死ぬのだ。
キリギリスのように無様に死んでいくのだ。
それも素晴らしい人生だと思いませんか?

寂しいのを我慢すれば悪くない。
たまに「寂しいなう」とか言って気を紛らわして、それでも社会に属さず生きていくのだ。
明日にも死ぬ覚悟があれば大丈夫。

その覚悟を持って生きるのだ。


12/31
東京ビッグサイトに行く。
To Heartのクリアファイルを3枚もらう。

帰りに新宿に寄り、セール服を何着か買い込む。 
紅白見て年明け。

1/1
昼過ぎに起きる。
お雑煮食べる。
洗濯して、サッカー天皇杯を見る。
お菓子やらおせちやら生ハムチーズ食べまくり酒飲みまくり。
だらだらだらだr

1/2
朝起床。
もろもろ準備、電車に乗って新宿へ。BiS。
アイドルコーナーで新たなアイドルを発掘した。

最近気づいたことですが、僕はアイドルが好き。
いままで訳あって押さえつけていた、この素質。
思えば中学一年から始まっていたのだ。
この、道は。

今その道にすごく戻っている。

戻っていこう。


あけましておめでとうございます。
がんばります。
ホームページ更新します。
あといろいろな活動やります。
「曲作りまくれ超作りまくれ」と言われたので作りまくります。
それでいいですよね。

今年は良い年でありますように。
すまんが僕はリア充になる。



↑このページのトップヘ