ファイナル日記

べっどたうん高橋、その生の記録。

2013年05月

なんか晴れてた

もう少し寝てから出かけてみるか
忙しくしてないと

図書館巡りでもして、そのあと元気があったらコーヒーでも飲んでこよう

布団干そう

まず一時間寝よう
話はそれからだ

朝がきた

なぜか不安だ
フルーツグラノーラを食べてきた

誰かに軽くメールでも送ってやり過ごしたいのに


何が不安なのかわからない

何をやっても不安だろうに


みんなそれを感じないか、感じないように忙しくしてるに違いない

走り続けないと倒れてしまうのか

みんなそうに違いない


鳩が鳴いてる

一輪車がパンクした

今日も曇りだかなんなんだか

やっぱり朝が調子悪い。
7時間は寝ないとダメみたいだ。
一回起きると眠れないのに…。 

フルーツグラノーラ食べて空腹を満たしたらまた眠れた。

荷物が届いたので親に起こされた。
新しいヘッドホンが来た。

ネットで振込をした。
機材の代金。

惡の華(漫画)3巻から7巻まで一気に読んだ。
面白い。
ヒミズを読んでいた時をなんとなく思い出した。

でもまだ続くらしい。
終わりでも良かったけど…。

漫画を貸してくれる友達がいると助かるもんだなあ!

勢いで曲を作って、少し録音した。

夜、ブラッドサースティ・ブッチャーズの吉村秀樹さんが亡くなったと弟から聞いて驚いた。
あわててネットのニュースを見たところ、本当だった。46歳。

いろいろと思う所はあるが、自分の人生は続く。
平常心でリビングにギターを持って行って、サッカーのキリンチャレンジカップ日本対ブルガリア戦を待った。

0-2で負けた。
かなりつまらなかった。
クソ試合と言えよう。

弟とウイスキーの飲み比べをした。
「白州」うまかった。
絶賛の嵐。

ギターでビートルズを弾いた。
親に歌わせた。

ミッシェル…

レディ・マドンナ…



サッカー…本当につまらない試合だった…。

新しい音楽機材やケーブル、コネクタなどをポチった

何かに集中したほうが気持ちも晴れるかと思って、ケーブルは自作にすることにした


早く起きすぎた
今だに憂鬱だ

フルーツグラノーラを食べてからまた寝たい

28日火曜日。

旅の準備をすませて外に出た。
目指すは深大寺である。 
0001
残念ながら曇り空。

0002
たくさんの消防車とパトカーがいた。
不穏な空気で幸先が悪い。

BlogPaint
しかしこの頃はまだ元気だった。
スーパーで食料を買い、トイレで装備を撮影。

装備→リュック

深大寺には京王線の調布駅から徒歩で行くことにした。
距離があるので徒歩で行く人はいないと思うが、旅はやはり徒歩であろう。

0004
京王線に乗り込む。

0005
調布駅に到着!
この駅は最近地下化されたばかりで、それに伴いホームドアが設置された。

0006
出口が分からなくて若干戸惑いつつ地上に出ると、荒涼とした景色が広がっていた。
駅前が工事中だ。

0007
PARCOはそのままだったけど、昔改札があった場所は跡形もなかった。

0008
西友はあった。

0009
歩を進めると布多天神があった。

0010

0011

0012
また少し行くとMicrosoftがあった。

0013
この辺りで方向を見失った。

地図も磁石ももちろんスマホなんて持ってない。

0014
自分がどこにいるのか分からずあても無く歩く。
不安感が高まる!

0015
レトロな町並みになってきた。

0016

0017
社宅などが多い。

0018
どのくらい歩いたか忘れた。
ぜんぜんどこだか分からない。
一時間以上さまよい歩いたような気がする。

0019
ここでお昼ごはんを食べることにした。

0020
おにぎり一つと団子を一本食べた。

0021
再び歩き出す。
どこがどこだか分からない。

0022
森っぽいからこっちだ!

0023
すごくいい川があった。

0024

0025
ジブリっぽい町並み。

0026

0027
その後30分ほど写真も撮らず歩き続けた。

「天文台下」という看板を見つけ、行き過ぎていたことに気づく。

深大寺に行ったあとその先にある天文台を見よう、などとあの頃(今朝)は思っていたのだった。

0028
勘を頼りに歩くとやっと深大寺の文字を見つけた。

0029
JKのあとをつけると……。

0030
なんか雰囲気が違う場所に出た!

0031
なにか空気が違う!
観光地っぽい。
ついにきた。

0032
自転車のお姉さんと地図。

0033
ついに着いたのだ。
何時間歩いたのだろうか。
時計も何も見ずにただ歩いていた。

0034
5時のチャイムはとっくに鳴っていた。
店は閉まり、人は少なかった。

0035
ここがメイン。

0037
どすーん。

0038
そば観音。

深大寺そばが名物らしい。
店は全て閉まっていた。

0039

0040

0041
秋田で見つかった?という菩薩。

0042

0043

0044
坂。
まだ少し歩いている人がいた。

0045
神代植物公園はとっくに閉まっていた。
寂しい。

0046

0047
虚子像

0048

0049


以下撮った写真たち
0050

0051

0052

0053

0054
閉まる蕎麦屋。


その後の帰り道もまたさまよい、自分がどこにいるかも分からずさまよい、高速道路に入りかけるほどさまよい、2時間くらい歩いてやっと調布駅に到着した。

どこかのカフェでコーヒーを飲もうと考えていたけどもう参っていたので薬局でh&sのシャンプー・トリートメントだけ買って帰った。

いろいろと反省の多い旅だった。
天文台も、その近くにある飛行場も見る余裕がなかった。

旅はある程度しっかり計画を立てないと、疲れるだけで楽しめないのだと感じた。

0055
帰りにも通ったこの川の名はのがわ。

いい川。

次はこの川を歩いてみるのも楽しそうだ。

憂鬱ござる

外に出れば良いってわけでもないらしい


なんでこうなるのか説明できない

孤独だからか?

でも家族もいるし完全に孤独なわけじゃないな

他人との繋がりがないからかな?

そんなに合う人いない


孤独をもう少し楽しめれば良いけど

とりあえずべっどたうんをがんばろう

あと他にも楽しみを見つけよう

いっちょやってやるか!と思い、東京都調布市から程近い深大寺という名所まで旅をしてきました。
歩いて。

写真も撮ったので明日改めてブログに書こうと思います。

久しぶりの旅日記です。

昔からここを読んでいる皆さんは、このブログが旅ブログを目指していることにお気づきかと思います。

なかなか障害が多く旅に出れないのが悔しいです。

日々、家にいた、とか図書館行った、とかそういうことばかりで、読んでいても、またかよ!というツッコみをツッコまざるを得ない感じなのではないでしょうか。

しかしながらそれも狙っているところがありまして、毎日同じような低空飛行の日記を読んでいくうちに、次第にトランス状態に陥り、ドローンな感じになってそれがだんだん癖になり、そこはかとなく生まれてくる恍惚感を得るためにこの日記を読むようになる、と。

それを狙って、あえて毎日、人生面白いのこの人?と思われてしまうような生活を描写しているのです。

しかしやはりたまには旅が必要だと、思い、僕は、そう歩きまくりました。

時に人生には旅が必要となるのです。

まあ人生そのものが一人旅のようなものですがね……。

明日雨じゃなかったら日帰り旅に出るよ

へとへとになるまで歩き続けたいんだ

カメラの準備はOK

旅ブログとしての実力、君に見せてあげる


ハナガサイタヨー


僕のこの目で、見たいものがある

↑このページのトップヘ