ファイナル日記

べっどたうん高橋、その生の記録。

2015年12月

朝まで眠れず。
起きて、一通りのことをして、ベース弾いて曲作りをした。

夕方暗くなってから外出。
ちゃんと外に出るのは4日ぶりだ。
とても寒かった。
歩いてる人も寒い寒いとか言ってて、自分も凍える思いだった。

駅の方に出ると、高校生とか大学生とかが集団で歩いてるところとすれ違ったりして、その時自分は鼻歌を歌ってて、それがT.M.Revolutionのホワイトブレスだったので、なんか……おっさんだよな、と思った。

図書館で本を返して、年末年始用の小説を借りた。

マックに行った。
大学生の集団がやってきて、八人くらいでパズドラをやり始めた。
変なテンションで猿みたいな声だった。
あれが普通の若者なのかもしれない。

フリーペーパーをコピーし忘れたことに気づいたけど、疲れてしまったので帰った。

寝る前に熱湯を飲んだら唇の裏側を痛めた。

さっき起きて、変な感じがしたので、鏡で確認したら水ぶくれみたいになってた。

朝方6時くらいに寝て、起きて寝てを繰り返して夕方に起きた。
外はすぐ暗くなった。

完全にダークサイドに堕ちているので気分は最悪だ。
ただ時間が過ぎるのを耐えるのみ。
何かしたいことを探すけど、なかなかない。
良くないことだ。

洗濯はした。

なぜこんな気分になるのか、原因を考えてもあんまりわからない。
今のやり方が良くないのかもしれない。
無理をするより、自分に合ったやり方をするほうがいい。

音楽をつくるなら、自分自身ともう一度向き合い考える時間を増やすべきだ。
周囲に惑わされてはいけないのだ。

でもそれで良いのかどうかまだわからない。
しかし、内にこもり、雑音を減らすことが必要だ。
今は疲れている。
雑音を聴きすぎた。

最近はまったく活動っ気のない私ですが、池袋に行ってきました。

時効国家というアイドルグループを応援するためです!

このブログを何年も見ていてくれている方にはお解りでしょうが、私はアイドルに興味を持ったことがまったくないのです。
さらさらないのです。
ただの一度もないのです。

まあ、古くはチェキっ娘からモー娘。、そして売れる前のでんぱ組までですかね。
かろうじてハマってましたのは。

乃木坂も初期は好きでしたがいろいろあったのでもう眼中にないのです。
西野七瀬と秋元真夏以外は。

そんな私がなぜアイドルグループの応援に駆けつけたかと申しますと、我が口寄せのメンバーが、そのアイドルグループに加入したという訳なんです。
なんで入ったのかはわかりませんが入ったのです。

お気づきの通り、ここ最近の私は覇気のない生活を暮らしていました。
昨日、ざ・べっどたうんファンの方に鍵アカのツイッターで本気で励まされたほどです。
ありがとうございました……。

今日も池袋に行きたくなくて唸っていましたが、これじゃいけないと。
口寄せキボンヌだろと。
大事なメンバーの晴れ舞台じゃないかと。

なので、がんばって池袋まで行きまして、ライブハウスすごい並んでたので並びまして、混んでる中でわーっとステージが始まったので見たのです時効国家を。

ほんとに出てる〜(笑)なんつって楽しく見まして。
他の時効国家メンバーの方とも、前の口寄せライブの時に面識があったので、全員がんばれ〜って心の中で応援しまして。

終演後にチェキ撮ったりしてるので、この人チェキ撮ってる〜(笑)なんて見てまして。
ちょっと俺も撮りたい!なんて思いましたが、ビール飲んで、じゃあ帰るわ〜って言って目も合わさずさーっと帰りました。

本当に応援に行って良かった。
がんばってたのが見れて良かった。
私も少しがんばろうかと思いました。
image

image

眠れない。
夜の二時には布団に入るけど朝まで眠れない。
仕方がないのでこっそりウイスキーを飲んでじっと眠りを待つ。
眠ったらぐっすり眠れる。
だけど今度は起きれなくて夕方まで寝てる。
今日は午後五時に起きた。
洗濯物を干してたら遠くに夕焼けの名残りが見えて一日を台無しにした気がした。

少し散歩に出た。
激寒の中一時間くらい歩いて、風呂入って眠れるようにして、お酒を飲んでネット見てたら全然眠れない。

チューハイロング缶飲んだから気持ち悪い。
お酒はほどほどにしているけどあんまり飲まないほうがいいかも。

なんだかすべてがうまくいかない。
というより何もする気がない。
何をモチベーションにしたらいいのか今はわからない。
音楽も聴かないし漫画も同じやつしか読まない。
フリーペーパーのペン入れもしてない。
録音はちょっとした。

ただ今夜散歩してて浮かんだことがあった。
あと数年か十数年かの人生の中で、いくつのものを創り残せるか。
それへの挑戦が自分のモチベーションになり得るのではないか。

そこから突破するべきなのではないかと思った。

底にいた日。
丸一日寝てた。

腰が痛い。

眠れなくて文章をパチパチ打ってたら気分が少し晴れました。

僕は、味方だったはずの人が敵になる……そんな展開ばかりなのです。

正直もう人生疲れました疲れてませんよ!!

寝て休んで散歩して元気になったらね……またやりますよ。
何度もこうやって来ましたからね。
立ち上がり続けて来ましたからね。

でもねーまだ少しここで眠っていたい。
森のなかで眠りたい白いベッドで。

もう最近ほんと神経参りましたよ参ってませんよ!!

生きよ……。

昼に起きてぼーっと過ごした。
完全に休む、と決めていたのでどこまでも休んだ。

パソコンをいじり、本を読んで、その後寝た。
起きたら暗くなっていた。
食欲はなかったがパンを食べた。
ポテトとチーズが中に詰まったパンだった。
タブレットを初期化した。
昔やっていたパズドラのデータが入っていたが、なんだか面倒くさくなって全て消した。

さらにパソコンをいじり、本を読んだ。
風呂に入ってから散歩に出た。
夜の散歩は久しぶりだった。
冬になったこの土地独特の匂いがあり懐かしく思った。

少し歩いて自販機巡りをした。
微糖のコーヒーを買って、座って飲んだ。
若者は通らず、おじいさんがたまに歩いていた。

広くて人が少ない町を見て、やはりこういう所が自分には合ってるなと思った。

帰って肉と魚を食べた。
パソコンをいじって本を読んだ。
何かしようかと思ったけど、寝ることにした。
明日もずっと寝ていたい。

午前8時起床。

ネットとゲームをして心の安定を図るけど、どうにも調子が出ない。

ファイナルペーパーの下書きをなんとかすます。
書き物系の作業ならできるみたい。

暗くなってから外出して電車乗って下る。
広い街を歩いて、スーパーでスーパーカップ抹茶味と新製品のビールもどき買って帰宅。
久しぶりの感じ。

明日もなんか書いたり、ゲームしたり、1日中寝て過ごすことにする。
いろいろなダメージを回復させるんだ。image

昼まで寝て天井を見ていた。

洗濯をしてから、ずっとネットとゲーム。
ネットゲームネットゲーム、ゲームゲーム。

夜になって着替えて外に出ようと思ったけど、やっぱり寝間着に着替え直して、頭をかかえた。

しかしどうしても、暗い話を書くとある小説家の本を借りなければいけないという気持ちが高まり、また正装に着替えて街に出た。
ひんやりした冬の気候だった。
歩いていると幾分か気持ちも晴れるもので、もう少し昼間に出ればよかったな、といつも通りの後悔を感じた。

無事本を借りたが図書館の閉館時間だったためにすぐ帰った。
帰ったらうつになったので横になった。
白ワインをラッパ飲みしたら気分が少し戻った。

借りた本とは別の本を読んで何もせずに寝る。
image

昼まで寝た。

避難器具チェックの人を案内した。
カーテンを浸け置き洗いした。

本格的にネットを始めたら外が暗くなってきたので図書館に行くことにした。
外に出た途端に気温のおかしさを感じた。
生ぬるい風は春の風だった。

図書館でダウンとマフラーを一気に脱ぎ、小説を読んだ。
これから「小説家を目指す者」として生きるにあたり、今までとは違う読み方をしなくてはなるまい。

隣の変なお姉さんに気を取られつつ読み終えた小説を棚に戻し、少し寒さを取り戻した街を歩き、ヒップホッパーを横目に見つつ、僕はマックに入った。

まだ仕事に慣れてなさそうな店員から微笑ましいソフトクリームを受け取り、それを舐め、コーヒーを飲み、さっきまで読んでいた小説の分析をした。

新しいフリーペーパーも書こうと思いつつ、ただぼーっとした。
時間が来たので帰った。
パスタ買った。
image

↑このページのトップヘ