ファイナル日記

べっどたうん高橋、その生の記録。

2016年03月

19日

怒涛の録音ラッシュ。
録音に次ぐ録音。
今までの日々はなんだったのかと思ってしまうほど録音にかまけて時間が過ぎた。

今日は勢いで歌も録ったし、カウベルも打ったし満足だ。

このペースで行けばM3にも間に合う。
しかし、このままで行けるという保証がどこにあるのですか……?
こういう話はもういりませんか……?

コンスタントに曲は作っていくべきだ。
自分の人生が充実するからだ。
それはわかっているのに、すぐそれを忘れてしまうのだ。

夜は走りに出かけた。
風が強かったけどぬるい春の予感がした。
交番を避けて自販機に寄った。
またがぶ飲みメロンクリームソーダを買って、飲みながら帰った。
飲むのは2回目だけど、もう飽きたかも。

コンビニ弁当の空き箱みたいなやつがペコペコと風に吹かれていて、それをまだ子供のような猫が追いかけていた。
僕が近づいたら猫は木の影に逃げたので、空き箱を持って放り投げてあげたらまた追いかけ始めた。
それを2回やって帰った。

四月になったらなにか変わるさ。

失踪……。

失踪の春。
すなわち虚無……。

家事をしまくってから外に出た。
最近は暖かいので薄着だ。

家に帰って少し休み、音楽作りをした。
3曲ぶんのギターを録音して、ドラムのリズム感をいじった。
このように一気にまとめて録音するのではなく、1曲ずつ作り上げていくようなスタイルにしたい。
前もこんなことを思った気がする。

新しいノートPCが来たヨー(^^)
image

(/・ω・)/

なんだかすっきりしないのは悩みがあるからだろうか。
ざ・べっどたうんはアンダーグラウンドでやるとして、もう少し開けた活動もしたい。
口寄せに代わる新たな活動がほしい。
それにはボーカルが必要だけど、知らない人をスカウトするのは怖いし、友達なんていないからツテがない。

すでに音楽活動をしている人に声をかければいいのだろうか?
でもそういう人はプライドの塊なんじゃないのだろうか、偏見だけど。
私が私が!ってなるんじゃないの。
そういう人を求めているんじゃないんだ。

アイドル感のある人は魅力的だけど、そんなハングリーな良い人に来られてしまったらこっちにハングリーさがないことがあからさまになるではないか。
それで見放されるに決まっている。

二、三人集めようなんて大それたことだった。
何をどうすればいいものやら。
自分にできるのは曲を作ることだけだったんだ……。

この悩みは長く自分につきまとうだろう。
あきらめない限り。

3.A

夜走った。
寒かった。

帰りに自販機で何か買って、飲みながら帰ろうと思って150円を握っていた。

行きつけの自販機にたどり着いたら、なんと「80円自販機」が新設されていた。
80円の商品はPOKKAのコーヒーだけだったが、ユーザーに優しいオーナーであることに疑いの余地はない。

僕は100円の「がぶ飲みメロンクリームソーダ」を買った。
飲んでみたら甘くて美味しかった。
後味にほんのりとクリームのまったり感を感じる……うまし。

冷たいので缶の上のほうを指先でつまんで帰った。
まだまだ冬だ。


3.B

図書館にミステリー小説を借りに行った。

女流作家の湊かなえでも読もうと思って「ミ」の棚に行った。
そこには湊かなえの「豆の上に眠る」という小説が5冊も並んでいた。
この5冊のうち、どの1冊を選べばいいのか?
どうしても選べず、何もわからなくなって「装苑」を借りて帰った。


3.C
BlogPaint
image
行きつけのマックに行ってフリーペーパーを書いた。
このマックはなかなか集中できる。
いいマックである。


3.D

シチューを作る合間に、図書館に行きたくなったので行った。
何かミステリー小説を借りようと思った。
あらかじめ、読みたい本を20冊くらい手帳にメモしていた。

それを参考に棚をうろうろした。
しかし、読みたい本の候補が多すぎて、うろうろしているうちに何を選べばいいのかわからなくなってしまった。
気づいたら嵐が表紙の「non-no」を手に持っていた。

湊かなえの「豆の上に眠る」はすべて借りられていた。
候補の中からなんとか真梨幸子と沼田まほかるを選び、non-noと一緒に借りた。

焦ってきた。
M3の通行証が届いてしまった。

M3まであと一ヶ月ちょっとしかない…。
アルバムを作らなければと思ってはいたけど、自分にはまだ部屋の掃除があるし部屋の掃除がある!


曲はある!
曲ならある!
それをただパソコンに録音する。
簡単なことです。
簡単な……。


自分はここにいていいのだろうかという思いがちょっとある。
居場所がなくなってしまったような…?
しかしそれは自分がそう思っているだけ。
なのか?

最近はあまり遠出をしていない。
イベントもない。
静かな生活。
だけど、それでいいのだ。


……と思っていたのですが、なんと先日、ざ・べっどたうんとして初めてスタジオに入ったのであります!


ここまでくるのに何年かかかったことか…。
長かった、スタジオに入るまでの道のり。
ついにリハスタで音を出すことができました。

ツイッターに動画でもアップしたろうかい!と思いまして、練習風景を撮っていたのですが、これがまた人様に見せられるものではないクオリティの低さ。
しかし自分は見せますよ!?
そういう実力なのですからいいんです。
練習してないのは自己責任ですよ。
もうずいぶん前からどうでもいいんですよ。
やりますよ!?

でも長いからどうやって動画切ればいいのかわからないです。
アプリとか落とせばいいのですね。
スマホですからアプリ使えますよ(/・ω・)/


それはそれとして、明日からは曲作業を急ピッチで進めますよ。
できるのか不安はあります。
正直、このままずるずると掃除や散歩の日々を続け、アルバムは完成しなくて、M3もバックレることになるんじゃないかと不安があります。

自分が信じられません。
心とは……?
このままの心でいつまでいられるの?
その保証と自信はどこから湧いてくるの。
明日になったらこの決意も霧散してしまうんじゃないの?
ツイッターに練習風景をアップするっていうのも嘘になってしまうのかな?
明日がどんな日になるかなんて誰がわかるの?
ねえ!
教えて!!
黙ってないで教えてよ!!!
image

image

夜は寒い。
昼間はパーカーで出かけられたのに。
今は冷えた手でスマホを握る。
スマホはあんまり暖かくはない。


古本市みたいなやつで漫画二冊買った。
本泰秀の漫画。

外は春の陽気だったのでファミマでアイスコーヒーを買おうと思ったけど、店内に入れなくてやめた。
なぜ?

コンビニは入りづらい。
アイスコーヒーを飲んでるところを想像したらまだ寒かったから、それを言い訳にコンビニは諦め、電車に乗った。

家までの長い道が面倒臭すぎて文庫本読みながら歩いたけど文庫本もまったく面白くない。
なんにも面白くないんだ……。

夕方、こたつで寝たら少しスッキリした。
コーヒー飲んで掃除した。

乃木坂46が人狼をしてる動画を見た。
今日はそれが一番楽しかった。

自分の周りのみんなは疲れているようだ。
季節の変わり目だからかもしれない。
蓄積された疲労が芽吹き出す頃だ。
もちろん自分も疲れている。

ひな祭りの人形を久しぶりに見た。

考えるより動こう、つまり曲を作ろう、と思っているだけでひな祭りの日が終わってしまった。

なんか……焦りが出てきた。
三月と言ったらM3まであと一ヶ月ちょっとではないか。

曲録音してジャケット作って……間に合うのかな(/・ω・)/

とべ!

健康は散歩から!
晴れたら外に出なくてはならん、という強迫観念により外出。

テレビのインタビューを受けている人がいた。

服買って外に出たら寒くて参った。
小走りで帰る。
夜道が怖い。

服の袋を部屋に投げ出してコタツに入る。
ありがてえ……ぬくぬくになってやがる……。

足の踏み場もない部屋に呆然として、すぐ寝た。


昨日も今日も晴れ。
外に出るしかない。
体がなまるし、少し変な動きもしないと。
体がほぐれるからそのためにね。
逮捕されないようにしないと。
image

↑このページのトップヘ