ファイナル日記

べっどたうん高橋、その生の記録。

2016年11月

昼過ぎに起きた。
自然に任せているとどうしても昼過ぎまで寝てしまう。

空は真っ青に晴れていた。
コーヒーとホットドッグを食べた。

うーん、と唸っても気分は上がらない。
太陽の光を浴びようと思って、ベランダに出た。

昨日の雪はほとんど溶けていた。
枯れた芝生に少しだけ残っていた白い部分と、雲一つない空が正月っぽかった。

光を背中で浴びながら読書をした。
それは憂鬱な日記だったのでこちらもますます憂鬱になってしまった。
気分が落ち込んでいる時に、暗い話を読むとだめなのかな?
部屋に戻って、コーヒーを飲んだ。

小説を読みたいので図書館に行こう、と思ったけど、外に出れない。
携帯でゲームをしてるだけで、時間は過ぎていく。
あと三十分経っても出れなかったら諦めよう、と思って自分を待ったけど軽くその三十分は過ぎついに外には出られず風呂を沸かして入った。

風呂から上がったら少し気分は晴れた。

肉を食べてビールを飲んだ。
家族と話?をした。
弟が、最近復活すると言うあるバンドの話をしていた。
その中で、「アーティストはいくら鬱でも作品を作っていかなきゃなあ?よぉアニキもそう思うよなぁ?よぉ」的な感じで肩を組まれた。

バイオレンスな展開となり、ダメージを喰らったのでやり返そうと腹にパンチしたら防御されてこっちの指が折れた。
折れた気がした。

今は湿布を貼っている。

でもまあ、弟の言うこともまあ、そうだよなあ…俺はアーティストではないけど、そうだよなあ…と思った。

ドラマを見ながら紅茶を淹れた。
きれいな紫色だった。
Berryと書いてあったのでベリー系なのだろう。
酸っぱかった。

大麻を持って集落で集団生活をしていた人たちが逮捕されたと言うニュースをさっき見た。
22人も逮捕されたという。

それに比べれば自分の生活はまとも…と自分を慰める。
image

雪が降った。
朝起きて、カーテンを開けて、落ちる雪を確認してまた寝た。

昼過ぎに起きてネットやスマホゲームをして過ごした。
パン食べた。

ここ最近…一ヶ月か、二ヶ月か、ずっと気分が落ち込んでいて、何もかも憂鬱だった。
寝たきりで過ごした日が多かった。
本とテレビを見るだけだった。
やりたいことができないのが辛かった。

まだその辛さは消えないけど、徐々によくなってきたかもしれない。
昨日はマックに行けた。
一人で行ったのは久しぶりだった。
アップルパイとコーヒーを注文した。

スーパーのレジも辛かったけど、まあまあ平気になってきた気がする。

だけどなんか違う。
この辛さはずっと消えないものなんじゃないかって気がする。
他の人の精神とは形が違う気がする。
それは絶望だ。

でも休めばそんなこと思わなくなるかもしれない。
そうなればいい。

なんか辛い。
なんだ?

…………。

↑このページのトップヘ