こないだ親から「サイフ忘れた」というメールが来た真昼間。
トレーニングに燃えている最近の僕は5km走って渡しに行くことにした。

昼飯は帰ってから食べることにして、寒空の中さっそうと走りだした。
最初の1kmで「自転車にすれば良かった」と後悔したものの、5km走りきって無事サイフを渡せた。

そのまま親とガストに入店し、僕はストロベリーパフェを頼んだ。
親の仕事の愚痴などを聴いた。

親と別れ、また走って帰った。
つらかった。
ふくらはぎがやられた。
自分の人生で往復10kmも走ったことがなかった。
ストロベリーパフェのエネルギーがなければ力尽きていたかもしれない。
僕は家にたどり着くと、冷えた体を温めるために風呂を沸かした。

こんだけ走れば体脂肪も減っただろう…と体重計に乗ったけど増えていた。