考えてみたら、マックが怖いと言う訳ではなかった。


テンションの違いだ。


準ひきこもりな僕とマックとの間にはかなりの温度差があるから、そこになんだか居心地の悪さがあるのだ。

だから薄く苦痛を感じてしまうのだ。


現に、友達と話した後のテンションの時、わりと普通に行ける。

そういう事なんだ。


このままローテンションのままでいるのか、いつでもマックに入れる状態(テンションマック状態)を目指すのか…。


変化は怖い。

でも、もう親や家族に心配をかける自分が嫌だ。


いったい何年この感じでいるつもりだ!
ばか!

多少無理してもいい。

僕はテンションを上げる道を選びたいと思う。


なんか早死にする気がするけど良いではないか。

心にも体にも無理してもらおう。

外に出るためだ。


もう親に心配をかけるのは嫌だ。