早く起きたものの、昼寝をしてしまって起きたら夕方だった。
図書館に行きたかったけど、五時くらいで閉館なので泣く泣く諦めた。 
そこで今日はひたすらダラダラすることにして、ゲームばかりやった。
windowsに入ってるスパイダソリティアなどをひたすらやりまくった。 

何も考えないことにした。
「曲を作らなければ!」とか思うのやめた。

丘の上の草原に建つ家の、カーテンが揺れる窓辺で光を眺めていたい。

もう何も考えなくていい。
すべては始まりながら終わっているのだ。
何も苦しく感じることはない。

ガソリンの漏れた車のように、何もしなくてもガス欠する。
穴を塞ぐために、頭を休ませよう。

寂しくても無理をすることはないよ。
何も考えないことにした。