新宿LOFTには、この前BiSを見に行ったばかり。楽に行けた。
中に入ると人はまばらだった。

スミノフを飲んでいたら、いきなり転校生が始まった。 
女の子がバックバンドを従えていた。
バックの人達の演奏は上手かった。プロか。
おそらくその女の子一人で転校生というユニットだ。
学校の制服のような雰囲気ある系のいでたちで、わりと普通のポップソングを歌っていた。
もっとひねくれた感じかと思っていたが、爽やかだった。
歌終わったらすぐ帰った。

転校生が終わったら、いきなりバーのほうで倉内太&ネイティヴギターが始まった。
アコギをかき鳴らし、爽やかに熱く歌っていた。
僕には少し爽やかすぎたかもしれない。

だんだん会場が混んできたので、空いているメインステージの方で休んでいたら、 次に始まるライムベリーのお客さんが増えてきた。
湘南乃風のような人たちだったので、ライムベリーとは湘南乃風のようなものなのだろうと推測した。
おそらくライムスターのイメージに誘導されていた。
そしたら出てきたのは中学生の女の子4人組だった。良かった。
3人が前でラップをして、あと1人がDJっぽい事をしていた。
そのDJっぽい子は美人メガネっ娘で、無表情で踊ってて、いかにもやらされてる感じだったので一気に好きになった。 
ステップを踏んでいるだけなので、レッスンの必要はないのではないか、レッスンの時は1人でどうしているのだろうか、と気になった。 
頭から離れない。

ライムベリーが終わったら、バーのほうで大森靖子が始まった。
この人は声がとても良くて、歌手という感じがする。
そして笑顔の後でいきなり斬りつけてきそうな凄みがある。怖い。
夏の歌を多く歌っていた。
特に好きな曲があったのだけど、題名はわからない。
僕は今日の出演者について何も知らない。

メインステージで本当は怖いおとぎ話
なんか幽霊コントをやっていた…曲は普通におとぎ話だった。
おとぎ話も、ボーカルの人の声が歌手って感じがする。
昔はCDを買ったなあ。

バーでガール椿
良かった。
歌もラップっぽいこともしてた。
なんか色々混ざってた。
ベースの音がブリブリしてて良かった。
GrecoのSGタイプだっただろうか。
ああいう音良いな。
東京に行くって言っただろ!って連呼してた所がなんか一番ぐっときた。
広島の人らしい。
でも東京でいろいろライブに出てるらしい。
元気である。

メインステージでトリのうみのてが始まった。
メガネお兄さんが激しく歌っていた。
ギターも激しい。ベースは淡々と不穏。
女性ドラムかっこいい。鉄琴?はあんまり聴こえなかった。
人を煽るような演奏が続く。
扇情的というか、戦場?中期ナンバーガールを思い出さざるをえない。
普通っぽい展開の曲もあったけど、僕は扇情的で暴走気味で、ベースが淡々と同じフレーズを弾いているような曲のほうが好きだった。
鉄琴とピアニカをやっていた女性は他のバンドでも見たことがある気がした。たぶん。
それも僕の好きなバンドだ。
色々つながっているのだなと思った。
良かった。


今日はいろんなバンドを見た。
広島とか鹿児島とか遠くからわざわざ東京に来て、元気にライブしてる人達がいる。
本当に力強いなと思う。
僕は東京に住んでいるけど、一人で曲を作って、ライブはしないで、ネットで発表して満足してる。
満足してるならそれでいいと思うんだけど、本当に満足しているのか、わからないけど。

なんであんなに元気に人前で演奏できるのだろうか。
自分には不思議だし、うらやましい。
良いライブを見る度にそんな気持ちになる。

ライブの感想を誰ともわかちあう事もなく、歌舞伎町で黒人に握手されそうになったり、「お兄さんどうですか」とか言われたりしてから電車に乗って帰った。