昼間外出して、図書館に行った。
米澤穂信と言う人の本を初めて借りてみた。


哲学者のセネカ先生によると酒と女は時間の無駄遣いという事になるらしい。
なるほど。
禁欲的な生活が人生には大切なのか。

しかし本当にそうか?
あの夜の公園で過ごした3時間は無駄だったというのか?
ビールと缶チューハイとアタリメを買い、アスレチックをただ見ていた夜。
お金を使った上、3時間もの時を失った日。

あれはまったくの無駄だったのか?
自分には判断がつかない。
必要な時間だったような気もする。


図書館の窓から中高生のカップルを見た。
お腹が痛かったけど、マックに移動し、ソフトツイストとアイスコーヒーを飲んだ。
本を読む気力が出ず、ノイズキャンセリングのイヤホンで音楽を聴きながらストローを吸った。

横の席では女子高生が話していた。
カウンター席では小学生が福本伸行のマンガを読んでいた。 
お姉ちゃんと見つめ合った。

疲れたので目をつぶった。
全部無駄だ。
酒も女も全部無駄だ。

明日は雨っぽいけど出かけてくる。
楽しい日になればいい。