もうこんなことはやめようではないか!

最近、小学生だったころの自分が写ったビデオを見た。
自分は明るかった。
家族も明るかった。

自分が明るく生きてさえいれば、家族ももう少しプラスでイイ感じになって来れたのではなかったか。
責任を感じる。

あの明るかった自分からまたやり直せないだろうか?
もう今の自分は限界ではないだろうか?

周囲から見れば人間の屑だろう。
しかし自分自身ではそうは思っていない。
しかし周囲はそう見る。
それは分かる。
でも本当は違うのである。

しかしそれはやっぱり屑であろうか。

限界。

自分は未だに子どもたちが怖いし、学生が怖い。 
おととい子どもの集団が野球をしていたところに通りかかった。
「人きたストッープ」
前を歩く時は緊張した。
もうそんな人生は辞めたい。

こんなことを書いて何がどうなるのかはわからない。

しかしなんと言うか、自分の思考?…や物の考え方、感じ方がまずいということはずっと前から分かっていたこと。
それを矯正出来ないで来たのが今の自分。
ちょっと神経が過敏な自分。

神経をすり減らすと心もすり減るとして、あと何すり行ける?
あまり神経すり減らしたくないの。
だから家にいるの。

で、家にいるとネットを見てしまう。
知ってるような知ってないような人たちがいて、でもその人たちと自分は話すこともなくネット上でもスルーで心もすり減る。
心閉ざしキャラいつまで続けるの。

ネットを見るってことは、やっぱり自分はみんなと繋がって生きて行きたいと思ってるっていうこと。

もっと評価してもらいたい。

誰にも褒められたことなかったから中学から。

だから評価されたい。良い評価をたくさん。

なぜバレンタインのチョコもらえなかった。

いなかったからだ。

女の子には存在を抹消されていたから見つけてほしい、そして褒めて。

男はちょっと怖いけどもう年齢的に兄さんだし、なんでも相談して。


こんな人生になるなんて思ってもみなかったんだ。

とにかく自分は曲を作るけど、それだけじゃダメなんだ。
たくさんの人に今までの人生分の評価をされないとダメなんだ。

事務所とかレーベルとかレコード会社とかは金がすべてだから。
自分は金がすべてじゃない活動をしたいから。
仲間はできないけど、一人でやれることをやる。
それはざ・べっどたうんの活動に限らない。

今年は人生を変えたい。
このままの自分じゃ持たない。
どうすればいいかは分からない。

ただなにか小さなことで変わるような気がする。
それは簡単なことかもしれない。
そう考えていたい。