ただ寝て起きるだけの生活。

少し仕事をした。
もはやこの仕事のプロだ私は。
すべてがインプットされている。
何の仕事かはトップ・シークレットだ!

本を読んだ。
ディスコ探偵水曜日の上巻をやっと読み終わりそう。
ジャストファクツ。
下巻がまた長い。

またAKBのB級ホラーを横目に見て、ギターの練習をした。


私の心の底には常に寂しいなあという気持ちがあるが、これはいつ消えるのであろうか?

彼女が出来れば消えるのだろうか?
それは違うかもしれない。
彼女は絶対の存在ではないからだ。

この気持ちを抱えたままで死ぬのが正解と言うか運命?なのかもしれない。
でもたまにそれを埋めるために彼女を作ったりするのは人間的で良い事だよ。
最高に幸せになれるのかもしれないし。
奇跡はあるのかもしれないし。

多少ラリってるので机に突っ伏してキーボードを打っている。
とにかく寂しくて耐えられない。
しかしそんな夜を一億回耐えて来たのだ。
今日もそうして寝る。

変わらない。
変わらないぞ人間は。

でも少し楽になるぞ。
楽になってくるから大丈夫だ。

明日はギターを録音したい。