朝八時起動。

朝食にオールブラン。
洗濯機を回したあと寝落ち。

昼三時再起動。

昼食にオールブラン。
洗濯機に入ったままだった洗濯物を干す。

夕五時出動。

図書館行って小説読む。

せっかく買ったマニアックな本が図書館にあると残念な気持ちになると思った。

夕食にカレー。
うまかった。

酒を飲みつつ、東京散歩みたいな本を読む。
ガリレオをチラ見。



たしかにこの歳でちゃんとした仕事についていないということは残念なことで、周りの目も白くなるし信用もされないと思う。

でも自分の人生というものは昔からそういうものではなかったか。
どこの誰ともわからない人に信用されなくてもいいではないか。

いいではないかー。