やっぱり人間は孤独じゃないといけないと思う。
友達がたくさんいて上手くやっていける人はきっと頭がおかしい。
どこか頭のネジが外れてないと友達なんて作れないだろう。
社会的に上手くやっていける人はどこかしらクレイジーで凶暴な考えを持っているはずだ。

優しい人間に友達など出来るわけがない。
気を使い、気を使われ、傷つけ傷つかれの繰り返しである。 
まともな精神でやっていけるだろうか?
やっていける人はクレイジーである。
真に心のある人間は友達など出来ない。
そして社会に馴染めず病んでいくのだ。

自分がそうだと言っているわけではない。
僕は社会に馴染めないにも関わらず、優しいわけでもないので困っている。
もしかしたらすでに病んでいて心を失ったのか?
それならまだ救われる。

さてそういったある種の優しい人と友達になりたいものだが、あんまり会ったことがない。 
僕より孤独な人には会ったことがない。
いや、その手の施設に通っていた10代の頃は会うこともあったけど、そのころの僕は今以上に内省的だったのであんまり話さなかった。
20代になり、たまに人と会うようになったが、友達がいるような人ばっかりで馴染めない。

いや、僕はそんな中に馴染みたくなかった…。
クレイジーだからだ。
しかしなんとか無理して馴染もうと思う。
だが、人が友達と仲良く遊んでいると思うと腹が立ってくるのだ。
ツイッターとかでリア友とリプライを飛ばし合っているのをこっそり見つけてしまっては落ち込んでしまう。
そういう社交的な人を許したくない!
どういうことでしょう?

わけがわからないけど僕はそういう人達を恨んでいる…。
バンド組んで、友達バンドと対バンしては内輪で仲良くしているのを冷めた目で見ている…。
僕はそれに一生溶け込めないからだ。
この世はコミュニケーションスキルで渡れるように出来ている。
コネがあればなんでもできる。
それを作るために仲間を増やしていく人もいる。
そんな人ばかりである。

僕はそれに一生溶け込めないのだ。
それが人生の負けを表しているとしても覆すことができない。
でも僕はそういう人と友達になりたい。

しかしそういう人は世に出ないので出会うことはない。
たぶんどこかで引きこもっているのだ。

優しさというか甘さというか…狩るより狩られてしまう情けない人。
それ故に引きこもったりニートになったり孤独になったり不登校になったりする。
そういう人こそ愛すべきではないのか。

そういう人に僕の音楽を聴いて欲しいと思っている。
つまりあんまり人生うまくやっていけない人達だ。

僕に友達は出来ないと思うけど、奥さんは欲しい。
奥さんには、友達にはできないことが出来るからだ。
僕の全てをさらけ出せるのは奥さんしかいない。

晴れた日に散歩に行く。
隣に奥さんがいて、世界の何処かには僕(の音楽)を好きになってくれる人がいる。
僕は奥さんを始め、なかなかたくさんの人に受け入れられているのだ。
そんな暮らしを目指したい。

さあ、まずは奥さんを探しませんか。