0055

0056
猫の親子が木登りしていた。

0057

0058
猫が多かった。
満月だからだろう。
きっとそうだ。

0059

0060

0061

0062

0063

0066

0067

0068