自分のダメな所が多すぎる。
そりゃあ誰からも嫌われますわ!
しかし何十年にもわたって培ったこの性格は絶対に変わらない。
このままで突っ走るしかないのだ。

すべてを恨もう。

すべてを憎もう。

そう中学生の時に決めたはずだ。

味方はいるかもしれないが期待するのはやめよう。

メールは返ってこないから送るのはやめよう。

一人で出来る事だけをしよう。

本当はすべての人間を無視して蔑みたいが、つい優しさが出てしまう!

仕方ないのだ……優しい人間なのだ。

しかし優しさは弱みだ。

すべてを憎もう。

憎むと逆に疲れるかも?

じゃあすべてを無視しよう。

ああそれができたらどんなに楽か!

きっと安息の日は訪れず、幸せなんか感じられないまま年をとるのだ。

一人で生きるとはそういうことだ。



僕はもう無理だ。

突っ走るしかない。