朝に寝て昼二時に起きた。

ごはんと納豆食べた。
天気が悪そうだったので洗濯はしないで録画しておいたサッカー見ながらぼんやりしていたらいつの間にか雪がちらほら降ってきた。
けっこう立派に降った。

暗くなって雪がやんでから外に出た。
かなり寒くて真っ暗で震えた。
滑る靴だったので慎重に歩いた。

図書館で本を返却して、借りる本を探した。 
ビル・ゲイツの自伝を借りようとしたけど、少し読んでみると側近の人が自分のことを書いてる本だったのでやめた。
代わりにCDをたくさん借りた。
ミステリー小説を読もうと思って物色したけど本気で読みたいものがなくてやめた。
本が読めなくなってきたのか……?

マックに突入。
今日はコーヒーだけじゃなくて昼ごはんを食べることにしたもう夜だったけど。
慣れたものでなかなか注文もスムーズである。
店員の女性もよもやこちらがひきこもり無職だとは気づかないだろう。

音楽を聴きながらぼーっとした。
正直あんまり落ち着かないけど社会に馴染むための修行なのだ。
日々気を張り詰めて外に出ているのだ。
リハビリだ。

音楽の雑誌を読んだ。
DQNカップルが隣りに座ってきてアホっぽいことをしていたので萎えてしまった。
鬱になった。

暗い夜道を滑りながら帰る。
自分が過去に作った曲を聴きながら。

何もない自分の人生を支える唯一の核だ。
そう自分に言い聞かせるために。

帰って速攻で風呂に入り、ネットを見て、パスタみたいなのをガッツリ食べた。
もうこんなに夜になってしまった。