日曜日だった。
外に出ずっぱりの週だったので、休みにした。

洗濯してセーターなども手洗いした。
びちょびちょになった。 

そして寝た。

数日ギター練習をさぼっていたので今日こそは!と思っていたけど結局すぐ深夜になってしまったのでできなかった。

週の前半は毎日数時間弾いて頑張っていた。
ずっとそういう日々が続くと思っていたのに、なぜ続けられなかったのか?

今思ったのは、意気込みすぎるとどこかでブレーキがかかるようになっているのではないかということだ。
それはこの大宇宙の真理なのではないだろうか。

先発ピッチャーが初回から全力で投げても9回までスタミナは持たない。
それと同じで、ある程度ふわーっと流すような感じで日々を過ごすことが大事なのではないか。
バテないためにも。

寄せては返す波のような日常と感情。
それは大宇宙先輩の真理としても、その波の強さ弱さをコントロールすることが人間にはできる。
自己をコントロールしてこそ人間だ。
そしてその先に立派な未来が見えてくるのだ。

水のように生きるのだ。

無気力ではない。
絶望でもない。
頑張るところは頑張るのだ。
その上でふふ~ん♪って感じも出していくのだ。

最近本を読んで、私はすべての人と自然を師匠としようと思った。

ゆかりのない街のマックの店員さんさえも、私に素晴らしい教えを与えてくれるのだ。
私が「ホットコーヒー……」
と言ったらハイテンション店員(女)が食い気味で「SかMどぇーす!!!」
と言った。

そんなに食い気味のハイテンションで来られたらローテンションな客は萎縮してしまいます。

私は「あとソフトツイスト」と注文した。
そしたら店員はヘニャヘニャに崩れたソフトツイストを自信満々に持ってきて私に渡した。
これまでマックで買ったソフトクリームでワーストの出来だ!
これをそんなに自信満々に客に渡せるとは……。

「SかMどぇーす!!!」
がちょっとムカついたけど、この人にもなにか学べるものがあるのだ。
なんか……度胸とか……?

この世には師匠があふれていて素晴らしい。


ということでまたリセットして今週を頑張りたい。
マラソンのように最後まで自分のペースを守ってギター練習や音楽活動をするぞ。