電車に乗りました。

ほんとにひどい雨です。
家を出るまではこんなに雨が降ってるとは思いませんでした。

なぜ自分は大雨の中、ギターを引きずりながら歩いているのか?
なぜプールみたいな水溜まりに入るルートしかないのか?
自問自答を繰り返しながらひたすら駅を目指しました。

当たり前のように、電車を一本乗り過ごしました。
鈍行の車中、ギターケースと太股をタオルで拭いています。

なぜ太股まで濡れているのか?
靴はもちろん
しかしこれも修業と思えば何ともないです。
こうしてレベルアップしていくのです。

僕よりでかいギターとスーツケースを抱えた女性が乗り込んできました。
全然濡れていません。
車を使ったのかな?

だいぶ電車は空いています。
隣に変な人がいて怖い。
壁に頭をぶつけている。

靴下を二枚持ってきたからまだ大丈夫です。