ここ最近はずっとそんな感じで生きたのですが、今日はそこがマックスになったので、ついに外をゆっくりペースで歩くことしかできなくなりました。
どんな人間より遅かったですよ!

ジュースを買おうと自販機から自販機へのろのろと歩きましたが、この缶の中の液体に大量の砂糖が溶けて入っていると思うと結局何も買う気にはなりませんでした。

もう何もしたくないと思いました。

森田療法と言うものをご存知ですか。
何もしないで心の回復を待とう。
と言う昔からあるメジャーな療法です。

わたしは中学生の時にこの本を親から授かり、すぐに投げ捨てました。
病気ではないからです。

その療法の効果もそこまで万能なものではない……と言うような話を聞いたので、当時のわたしとしても、そんなめんどくさいことをして何になるのだ、と思ったわけなのです(今の評判がどういうものかは知りません)。

月日は過ぎて今日、もう何もしたくない……と思いながら、街を歩きながら、考えたのです。
今の自分には、森田療法が必要なのではないか!?
なぜならもうほんとに何もしたくないからです。

したいことは、ずっと緑を見て、風を感じていたいとか、そういうナチュラリストなことです。
もう頭を、脳を使うのが嫌なのです。
耳から目からいろんな刺激が入るといろいろ考えてしまうのです。
物事を考えたくないのです。

とは言え、その療法は(たしか)かなりの覚悟がいるものでして、ずっと一日中布団に伏せて、何もせず、何の刺激も受けず、それを何ヶ月か続けると言うものなのです。

そんなことができるものでしょうか?
できたらいいですよね!
それはもう、治るでしょう。

ただ、わたしは土いじりとかがしたいのです。
広い場所でゆっくり過ごしたいのです。
頭をなるべく使いたくないだけなのです。
ある程度、物事を考えないようにすませられれば、それでいいのです。
こんなわたしに森田療法は必要なのでしょうか……。

なんてことをぐるぐる頭で考えて、現実的に無理だな……と思いました。
本気で取り組んだらすごくリフレッシュするような気はするのです。
一日中寝ていて良いと、周りから許しが出れば、してみたいかもしれないです。

今思いましたが、風邪で寝込んで、治ってくると逆にすっきりする感じあるじゃないですか?
そういうのに近いのかもしれませんね。

その本はたぶんもう捨ててしまったのですが、なんだか悪い気がしてきました。
せっかく買ってきてくれたのに。
親がどんな気持ちで買ってきてくれたのだろうかと考えると、早くしのうと思うのです。


…………そこらへんのこともあまり考えたくないのです。
何も考えたくないのです。
助けてください!
また明日書きます!
image