IMG_20160907_023617
発達障害、というのがありますよね。
人間は複雑なので、作られる過程で、脳のどこかがうまくいきませんでした!ということがあるのでしょう。 
わかります。
発達に障害があったのです。

その発達障害の枠の中に「アスペルガー」という名称のやつも含まれるのです。
「アスペ」なんて略称をよく聞きますよね。
もしかしたら、ふざけて「お前アスペだな!」なんて友達と笑いあった経験がある人もいるかもしれませんね。
1回や2回、ありますよね。

で、僕はここ数年で500回くらい「アスペ」と言われまして、「あれ?おかしいな?」「なにかが、おかしいな?」と思い始めたのです。

ここ数年と書きましたが3年です。
直近のバンドをやっていた時から今に至るまで、2人くらいに言われました。
そして自分でも「そうかも!!」と意識するようになったのです。
思い当たるフシがいろいろとあったのです。
それはここでは書けません。

そうか僕はアスペだったのか!
と気づいても解決したことにはなりません。
それに、「本当にアスペかな?」という疑いの気持ちもあるのです。
なぜなら30年間自分が発達障害だなどとは1ミリも思っていなかったのですから。

しかしそれは人と異常なまでに触れ合わない人生だったからかもしれません。
指摘されなかったのです。
中学を一ヶ月でドロップアウトしてからまともに人と関わったことはなく、仕事もあまりせず(一度した)、家で漫画を書いたり、曲を作ったり、ネットをやったりする日々を繰り返していれば、気づけるものも気づけません。

それに自分では「問題なし!自分問題なし!」となぜか自信満々で思っていたのです。
自信はなかったのですけどその思い込みには自信があったのです。

でもそれは思い込みだったのです。
最近になってようやくわかったのです。
「アスペ」の素質……少し……あるかな?
ということが!

認めたくないですが500回言われたらなんかもうそれはアスペです。
あー……そうかー……という感じで受け入れざるを得ませんよね。

でいろいろ調べてわかったのは、これは治らん、ということと、自分は比較的軽いということです。
自己判断ですが軽いです。
人前で知らず知らずのうちに(悪気なく)股間を触ってしまう方もいるようなのですが、自分はそういうのはなかったですし、自分で認識できます。

ですので、自己判断ですが大丈夫なんだなと思いました。
大丈夫なんだな?

自分は人生を考えていました。
なぜこんなにつらいのか。
アスペだからでもあります。
それにやっぱり精神的なところで気持ちが上がらない日が多いのです。
地面すれすれを飛ぶ紙飛行機のような、低空飛行の日々なのです。
人生の半分以上をこもって過ごして、おかしくなってしまったのでしょうか。
精神病なども無縁だ、力強く一人で生きるんだ、と固く誓っていた自分でしたが、認めざるを得ません。
なにかがおかしくなっているのです。
主に脳がおかしくなっているのです。
しにたい!!そうかんがえるとしにたいです。
もう自分は取り返しのつかないところにいるのですね??
社会人として!??
ああ、これからどういきれば良いのか……。
音楽を作りますよ。
でもねえ、自分にはあんまりファンがいないんですよ!
いなくても作るけど楽しくはないですよ。
作るけど。
発表もしませんよ。

ちょっとこの間上げた「なめらかなエレクトリッククロスフェード」の再生回数を見てきますよ。
132回!
3ヶ月で132回!

俺はアホですよ……何年やってるんだか。
無能です。これは。
無能の仕事ですよ!

なんかユーチューブにアップするのつまんなくない?
俺のせいか!
くそう……。

いやそれがすべてじゃないですよ。
むしろ再生なんてされなくてもいいですけど。
CD買ってもらえればいいもん。
いやもうCDも買ってくれなくてもいいです。
僕は完全なるインディペンデントなので。
商業音楽ではないので。プレスCDじゃないので。
僕は僕の畑を誰にも見えないところで耕しますよアスペだし。
もう関係ないですよ……。
寝ていいですか……。

まあそんなこんなで、アスペだけどがんばるぞっという話ですよ。
ざ・べっどたうんとして曲を作っていきますよ。
僕は元気です……。