最近は体調も無事に回復し、躁期間に入って来たため、現在はミニマリストを目指して部屋を断捨離している。

自分はCDや漫画を漫然と買うのが好きだったので狭い部屋はぱんぱんであった。

去年もがんばってCDを四分の三くらいに減らしたのだが、今回はさらにがんばってそこからまた半分くらい減らした。

減らしたと言ってもディスクは残してケースを捨てるだけである。
それだけでもかなり心が痛かった。
棚はスッキリと空いた。
ディスクくらいは収納するスペースは設けたい。

漫画もだいぶ処分した。
好きな作家の作品も、あまり読み返さないものは処分対象にした。


今日はギターを破壊して処分した。
中学生の時、一番初めに買ったアコギだった(中学は通ってない)。

それを処分しなければ先に進めない気がしたのだ。

木を破壊するのは悲しかった。
写真には撮らないほうが良いような気がした。
一時間くらいかけて破壊した。

あと古いベースアンプと古いパソコンぽいやつを分解した。
こちらは気楽だった。
[画像:c63e5a66.jpg]
[画像:83b8ab9b.jpg]
[画像:45f80244.jpg]
[画像:0fb3f316.jpg]


それらに熱中していたら外は暗くなり、身体がぱきぱきに疲労していた。

洗濯物を取り込んで風呂を沸かし、入浴剤を入れて浸かった。

自分は躁うつなのかもしれない。
この感じが続かないのはわかった。
また動けない時がくる。
もう自分の人生は先が見えてる。

まともな人生は送れないとわかった上で、楽しく生きれるように工夫をしよう。
間違っても、運命や誰かが自分を救ってくれるなんて期待しないことだ。

地に足を着けて歩く、ではなく、地を這いつくばって進むイメージだ。
それでも無理ならモグラのように土に潜って生きるのだ。
ワイはモグラなんや。

この気持ちもどうせなくなるのだが仕方がない。
細々と稼いで生きる。
あとはもう知らない。