午前中に起床。
温めたなんかの魚のフライが挟まれたパンを食べて、緑茶を飲んで、洗濯をした。

そして寝た。

一時間後に起きて出かける準備した。
スーパーで甘酒とおにぎりとじゃがりこを買った。
一匹丸ごとのアジに惹かれたけど今から電車に乗る身分なので買えなかった。
帰りに買おうと思った。

電車に乗ったら大学生くらいのカップルがいた。
またカップルを気にするような身分になってしまった。
みじめな男である。
もう仕方がないがこんなみじめな気持ちには耐えられぬ来年しのう、と思いつつ甘酒飲んだ。

I駅で降りて歩いた。
知らない道路が出来ていた。
今相談できる人No.1の知り合いとスーパーで待ち合わせた。
自分はお酒を買わせてもらい、ベンチで飲みながら話した。

話したと言ってもまったく自分のことは話せず、ほとんど相手の話を聞いていた。

酔いが足りなかったのもあるし、何を言っても甘えになってしまう感じがした。
甘えはブログには書けるけど、リアルに人に話すには恥ずかしさがあって無理な気がした。

一時間半ほどで解散して駅に戻った。
凍えた。

地元に戻った。
そこそこ歩いたので疲れていた。
ここから家まで歩くのはしんどいなーと思ってマックに入ろうかと迷った。

外のベンチに座りきれいな夕焼けが残った空を見ながら帰りの会社員&OLや学生たちの声を聞いた。
みんな元気で楽しそうに見える。
どうしてそんな元気が出るのか信じられないと思った。

マックに入ろうかと迷ってウロウロした。
この逡巡が無駄である。
この逡巡は、ほとんどの人にご賛同いただけないと思う。

しかし店に入れるテンションを作るのが大変なのである。
大体、「仕方ねえ…いま入ったほうが自分のためだ」と言う謎の思考で入店する。

私はJKの隣に着座した。
このJKどもがクソみたいな人間性で男の話しかしてない感じ。
そこそこ可愛いけどどうしようもないどぐされ女だな早く老けろ!と思いながらイヤホンをして作りかけの曲を聴いた。
歌詞も何も浮かばないのでぼーっとした。
IMG_20180113_014307
イヤホンを外して帰ろうとしたらまだ隣で男の話をしていた。
自分の中でJKは全員クソと言うことに決定した。
これは革命だ。

そう私は疲れていた。
スーパーでアジを買う元気はなく、ワインと甘酒とギョニソー(魚肉ソーセージ)を買った。

音楽を聴きながら遠回りして帰った。
人がどんどんいなくなる。


帰宅即風呂ご飯をすませてワインを飲んだ。
西野七瀬の動画を見ながら飲んだ。
IMG_20180112_185342
IMG_-g07rii
自分の中で唯一の支えになっているものを失った時、人はどうやって生きれば良いんだろう。

そういうものって、代わりがぽんぽん見つかるわけじゃないし、代わりがきかないものだったりする。

その場合人はどうすればいいんだ?

家族が唯一の支えだった人が、交通事故で家族全員失ったら、その人は生きていけるのかな。

JR福知山線の事故で家族全員亡くした男性がいたんだけど、その人は今どうしているんだろう。

気丈でしっかりしてそうな青年だったからまた家族を作って生きてると思うけど……。


なんでこんなことを書いてるのか分からない。

支えを失ったら倒れるのは普通のこと、と考えて良いのでしょうか。


明日はギターとか軽く弾いてみるか。
頭空っぽ。

おわり。